広島・大瀬良 戦力外通告を受けた今村の登場曲でマウンドへ 同世代の思い背負う

広島・大瀬良 戦力外通告を受けた今村の登場曲でマウンドへ 同世代の思い背負う

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/17
No image

3回、森の打球に反応しグラブを出す大瀬良(撮影・立川洋一郎)

「広島-DeNA」(14日、マツダスタジアム)

先発の広島・大瀬良大地投手(30)が、チームメートへの思いを登場曲に乗せた。

この日、球団は今村猛投手(30)ら6選手に対して来季の戦力外を通達。大瀬良は今村と同い年でもあり、互いに切磋琢磨(せっさたくま)し合ったチームメート。大瀬良は普段、女性シンガー・松前香帆の「大地 ~炎のナンバー~」を登場曲に使用しているが、この日は今村がかつて登場曲にしていた「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の「starting over」という曲を使用してマウンドに向かった。

2年ぶりの2桁勝利へ、あと2勝の右腕。チームと仲間のために全力で腕を振る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加