DeNA非情交代実らず...リリーフ陣4点差守れずドロー

DeNA非情交代実らず...リリーフ陣4点差守れずドロー

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 DeNA8―8西武(2021年6月9日 メットライフD)

No image

<西・D>初回1死三塁 2ランを放ったオースティン(右)を出迎える三浦監督(撮影・久冨木 修)

DeNAの三浦監督はプロ初勝利のかかる4年目の先発・中川を8―4の4回で降板させた。「初勝利もあると思うが、それ以前にチームとして戦っている。ストライク、ボールがはっきりし、球数も多かった。勝つための交代」と力説した。

だが、リリーフ陣が4点差を守れずに今季9度目の引き分け。交流戦首位の中日とは0.5ゲーム差で「みんな疲れもあるが、今いるメンバーで戦っていくしかない」と逆転Vを目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加