"冬の嵐"北海道で混乱続く...大渋滞に落雪 必死の救出劇も JR札幌駅発は14日午後9時以降 全て運休

"冬の嵐"北海道で混乱続く...大渋滞に落雪 必死の救出劇も JR札幌駅発は14日午後9時以降 全て運休

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/01/14
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道内を襲う冬の嵐。1月15日、入試を控える受験生も心配だと思いますが…JRでは午後9時以降、札幌駅発車のすべての列車を運休させることを決めました。1月15日も始発から運休が発生する恐れがあるとのことです。走りにくそうな雪道を青信号で発進した軽乗用車。次の瞬間…横からミキサー車が現れ、事故が起きてしまいました。

No image

横からミキサー車が現れ事故発生

北海道を連日襲う冬の嵐。札幌では通勤時間に大渋滞が発生、車はほぼ止まったままです。さらに交通機関にも大きな影響が…JRは特急112本を含むあわせて666本が運休。午後9時以降は札幌駅発車の全列車が運休となります。影響は空の便にも…

No image

通勤時間に大渋滞が発生

床で寝る利用客…新千歳空港では200人余りがターミナルで一夜を明かし、1月14日も92便が欠航。配布された非常食のパンを食べる人の姿も…利用客:「なかなか休めなかった。今日中には帰れると思うが少し困る」一方、道内では1月14日も落雪事故が…中田 和樹 記者:「こちらの屋根の上で雪下ろし作業をしていた男性が落雪に巻き込まれ、落下してしまったということです」旭川市では午前11時すぎ、屋根の雪下ろしを依頼された業者の男性が転落。雪の中に埋まりました。救助した同僚は…救助した人:「屋根の半分の雪が全部落ちた。下の方で作業していた人が逆さまになって落ちた。手だけ出ていて、必死で雪を掘ってなんとか救出できた」

No image

屋根の雪下ろしで業者の男性が転落

すぐに救助され、大きなケガはないということですが、道内では高齢者を中心に落雪事故などで4日間で5人が死亡しています。一方、この大雪の中、札幌の公立中学校では3学期が始まり、中央中学校では始業式が行われました。中学2年生:「委員会活動をしているのでそれをきっかけに苦手なことを克服できるようにしていきたい」一方、15日から行われるのが「大学入学共通テスト」。受験生は悪天候の中、試験会場の下見に訪れました。道内では前の年に比べて45人多い1万6988人が受験する予定です。

No image

1月15日から行われる「大学入学共通テスト」

受験生:「とうとうきたなという感じで。ちゃんと頑張ってこれたと自分では思っている。自信もって行きたいと思う」会場の北海道大学では4032人が受験する予定。密にならないよう間隔をあけたり、出入口に消毒液を設置するなど新型コロナの感染対策を徹底しました。北大の大学院生から受験生にアドバイスも…北大の大学院生:「暖房が行き届いているとはいえ、席によってかかり具合も違う。寒さを調節できるような格好で受けて頂ければと思います」そして気になるのが試験当日の天候。JR北海道では1月15日も除雪のため、始発から運休が発生する恐れがあるとのことです。受験生:「交通機関が止まってもいいような、ほかの交通手段も用意したい」

No image

除雪のため始発から運休が発生する恐れ

道民や受験生を悩ます2022年の大雪。札幌市では今シーズン、除雪や排雪をめぐる問い合わせがすでに9700件ほどにも膨らんでいます。これは過去10年で3番目に入る多さといい、秋元 札幌市長は1月14日、排雪を早く進めるよう関係部署に指示しました。1月15日朝にかけて降る雪の量は、日本海側とオホーツク海側で30センチ、太平洋側は羅臼町で40センチ。他は15センチ。最大瞬間風速は日本海側で35メートル、太平洋側で30メートルの予想です。

No image

積雪量の予想

日本海側では1月15日午前6時にかけても交通障害などに警戒が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加