【前半速報】日本代表、セルビア戦は実力拮抗。ストイコビッチ監督の日本凱旋試合はどんな展開?

【前半速報】日本代表、セルビア戦は実力拮抗。ストイコビッチ監督の日本凱旋試合はどんな展開?

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/06/11
No image

【写真提供:JFA】

【日本 0-0 セルビア キリンチャレンジカップ2021】

日本代表は11日、キリンチャレンジカップ2021でセルビア代表と対戦している。

森保一監督はGKで権田修一を先発起用。ディフェンスラインには右から室屋成、植田直通、谷口彰悟、長友佑都が入る。そして中盤の中央に守田英正と橋本拳人、2列目に右から伊東純也、鎌田大地、南野拓実、大迫勇也不在の1トップに古橋亨梧が抜てきされた。

セルビア代表は7日のジャマイカ代表戦と違い、3-4-2-1でスタート。前の試合で中盤アンカーに入って攻守のキーマンだったMFネマニャ・グデリが右ウィングバックを務める。

最近の日本はアジアの相手に大差で勝利することが多く、序盤に先制点が生まれるケースも多かった。しかし、今回は実力拮抗の相手で、お互いにポゼッション志向が強いこともあり、なかなか決定的なチャンスは生まれない。

日本は立ち上がりから古橋を中心に積極的に相手のディフェンスラインの背後を狙う動きを見せたが、徐々に対応されてしまうように。セルビアは非ボール保持時に5バック気味となってディフェンスラインの背後にできるスペースを消してきた。

代表歴の浅い若手の多いセルビアに対し、苦戦を強いられた日本は前半にゴールを奪えず。かといって守備面でもピンチは少なく、41分にFWデヤン・ヨベリッチが放った強烈なミドルシュートもゴールの枠の外へ。FWミラン・マカリッチも44分の好機でシュートを枠内に飛ばせず。前半は両チームスコアレスのまま終了となった。

【得点者】
なし

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加