離れて暮らす大切な家族を、ぬくもりある距離でつなぐ次世代IoTソファ「Lifa」発売

離れて暮らす大切な家族を、ぬくもりある距離でつなぐ次世代IoTソファ「Lifa」発売

  • ママテナ
  • 更新日:2022/01/15
No image

TOYO H&Iが、座るだけで離れて暮らす家族の異常や、着座から健康状態がわかる次世代IoTソファ「Lifa(リィファ)」を、Makuakeにて先行発売した。

孤独死問題や健康寿命の延伸に寄与

No image

“自動車や鉄道用の座席以外の領域でも座る人を笑顔にしたい。”そんな想いの中、TOYO H&Iでは、これまで長く続けてきたものづくりの本質である「座る人の命と関わるイスづくり」から得た知見や技術力を発揮できる場所として、孤独死問題や健康寿命の延伸に寄与できる製品サービスをつくるため「Lifa」の開発をスタートした。

見守られる側にもベネフィットがあるサービス

離れて暮らす大切な家族に、もしなにかあってもすぐに気付いてあげることができないという不安を抱える人もいるのでは。

しかし、今世の中にある見守りサービスの多くは人感センサー等などを用い、見守られる側からすると監視されているように感じるものも少なくない。

No image

そこで「Lifa」は見守られる側のことも考え、座る本人も着座からわかる健康状態をWebアプリで見て健康意識をもってもらうことで、一方通行ではない見守りサービスを実現した。

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加