『東大王』ファン騒然! 新企画に東大生の不満爆発「泣きそう」

『東大王』ファン騒然! 新企画に東大生の不満爆発「泣きそう」

  • まいじつ
  • 更新日:2021/04/08
No image

(C)Voyagerix / Shutterstock

4月7日放送の『東大王』(TBS系)で、人気東大生メンバーが企画に不満をあらわにして視聴者から驚きが漏れている。

【関連】『東大王』鈴木光“中絶トラブル”男性と2ショット!「よく平気だね」ほか

鈴木光、林輝幸が卒業した『東大王』は今季から一軍、二軍制度を導入。伊沢拓司が主導したオーディション企画「プロジェクト東大王」の選抜メンバーと東大王メンバーを対戦させ、新しい一軍メンバーを決めると発表された。

この日の放送では、現東大王メンバーの選抜クイズを展開。初代の東大王メンバーで、昨季は大将としてチームを引っ張ってきた鶴崎修功は一抜け。入れ替え戦なしで「一軍」にとどまることとなった。鶴崎が派手なガッツポーズを見せると、周囲は驚いた。

MCのヒロミが「僕らもほっとした」と心配していたことを明かすと、鶴崎は笑顔を浮かべながらも「僕が一番心配しましたよ、もうー!」と不満げな表情。「なんてことをやってくれるんだと!」と企画にもの申した。

大将・鶴崎修功が熱弁「どうするつもりだったんですか!」

続けて「僕がいなかったら…『(難問)オセロ』は、『12アンサーズ』は、『熟語陣取り』は、どうするつもりだったんですか! 今だから言えるけど…」と熱弁。『ノンスタイル』井上裕介が「あんな喋る鶴ちゃん、見たことない!」と驚く中、MCの『南海キャンディーズ』山里亮太は「分かった、ごめんって! 一軍だから許してよ、鶴ちゃん…」となだめた。

普段はごく温厚で喜怒哀楽を表に出さない鶴崎が、冗舌に喋り続けたことに視聴者は驚いていた。

《鶴ちゃん熱弁! 山ちゃん謝る(笑)》《「僕がいなかったら『オセロ』は『12アンサーズ』は『熟語陣取り』はどうするつもりだったんですか!」がかっこよすぎて泣きそう》《こんなに饒舌な鶴崎くん初めて見た(笑)さすがは大将 良かった》《東大王をTVerで見たけど、鶴崎さんが1位で勝ち抜けした後のキレ方わろたwww》《東大王であんなに話されている鶴崎さん久しぶりに見ました》《しかし鶴崎くんがなんてことしてくれたんだ!って笑って怒ってだけど本当そうだよな…》《めちゃくちゃいい顔で喋り続けるの驚いた。笑》

エースの心からの嘆きに視聴者も同意していたようだ。

【画像】

Voyagerix / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加