西南大、福岡大に逆転勝ち 主将・小中が同点ソロ、工藤が勝ち越し3ラン

西南大、福岡大に逆転勝ち 主将・小中が同点ソロ、工藤が勝ち越し3ラン

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇九州六大学野球第4週1日目(2022年9月23日 福岡県・春日球場)

No image

<福岡大・西南大>7回に今季3本目となる同点本塁打を放ち、笑顔で三塁を回る西南大・小中

1回戦第1試合は西南大が福岡大を逆転、4―2で下した。

西南大は1点を追う7回無死に主将の3番・小中健蔵(4年)がソロ本塁打で同点に追いついた。さらに1死一、二塁から工藤海翔(2年)の右越え3ランで勝ち越し、福岡大の先発・村上幸人(4年)をKOした。

福岡大は初回に桜田晃生(4年)の先頭打者ソロ本塁打で先制したが、2回以降は西南大の先発右腕、茶屋野洋輝(2年)に抑えられた。西南大と福岡大はともに5勝2敗となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加