41歳のオリックス・能見 移籍後初セーブ!!史上初2球団で最年長S 守護神不在のチーム救った

41歳のオリックス・能見 移籍後初セーブ!!史上初2球団で最年長S 守護神不在のチーム救った

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇パ・リーグ オリックス5ー4ソフトバンク(2021年5月2日 京セラD)

No image

<オ・ソ>9回を抑え宗とタッチを交わす能見(左)(撮影・後藤 正志)

今月28日に42歳になる左腕の経験値が守護神不在のオリックスを救った。5―0から7、8回に2点ずつを返され、不穏な空気が漂い始めた1点リードの9回にマウンドに上がったのは能見だった。

「腹をくくるしかないと。9回は僕もそんなに経験していないので難しいところ。本塁に還さないことが一番なので」

先頭・真砂の打球は左ふくらはぎ付近に当たり中前へ抜けたが続投。犠打で1死二塁を背負い、代打デスパイネと対峙(たいじ)しても冷静だった。初球143キロ直球で内角を突くと2球目は一転、外角フォークで遊ゴロ。最後は川島を内角へのフォークで三ゴロに仕留めると、左こぶしを握り、派手なガッツポーズを繰り出した。

移籍後初セーブで、41歳11カ月は07年吉田修司の40歳7カ月を更新する球団最年長セーブ記録。阪神でも41歳5カ月で同記録を保持しており、史上初となる2球団での記録保持者となったが「夢がないねえ」と冗談を交じえて笑った。

家族思いで知られる左腕だからこそ、印象深い言葉がある。「家族に一日でも長く(父の背中を見せたい)というのはないですねえ。僕はオリックスに拾ってもらった。今は、しっかり恩返ししないといけない思いの方が強い」。平野佳とヒギンスが故障離脱するなど抑え不在の中で、チームの勝利に貢献したことがうれしかった。

中嶋監督は「打ち取り方を知っているし、うまい。平野佳やヒギンスが帰ってくるまで、能見でいくかもしれない」と今後の重要局面での起用を示唆。頼れるベテランが上位浮上のキーマンだ。(湯澤 涼)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加