【品川 天王洲】バンクシーって誰?展@寺田倉庫G1ビル 街角を散策するような体感型アート!

【品川 天王洲】バンクシーって誰?展@寺田倉庫G1ビル 街角を散策するような体感型アート!

  • リビング東京Web
  • 更新日:2021/10/20

英国を拠点とする匿名のストリート・アーティストとして有名なバンクシー展に行ってきました。

No image

ⒸNTV

会場は天王洲アイルにある、寺田倉庫G1ビル内です。入り口にあるピンクのスプレー缶のオブジェが目立ちます。

No image

ⒸNTV

土日祝日の入場は、日時指定予約制です。週末に見学しましたが、入場まで一時間ほど待つ程大人気の展示でした。エレベーターで会場に到着すると大きな展示案内表示があります。

No image

※開場は一部の作品を除き、撮影が可能です。

見事な街並みの再現

中に入ると最初に目に入る作品がこちらです。

傾斜地のセットとくしゃみをする人の作品が描かれています。

No image

家のセットと実際の街並みが再現されています。

外壁の汚れ具合もリアルに再現されています。

画像が小さくて見づらいかと思いますが、くしゃみをしているおばあさんから、飛沫と入れ歯が飛んでいる様子です。

No image

様々な角度から作品が堪能でき、臨場感あふれる体感型のアート作品です。

No image

バンクシーといえばネズミをモチーフにした作品も多く、個人所有の作品も展示されています。

No image

Banksy, Love Rat 2004, Private Collection

コレクターからお借りした額装作品の展示も!

バンクシーの作品で有名な「Girl with Balloon」(風船と少女)。

ロンドン南部のエリア「サウスバンク」のテムズ川沿いにある階段の壁に壁画として登場した作品です(現在は市の職員によって塗り直されてしまっています)。

こちらは個人所有の額装の作品です。

No image

Banksy, Girl with Balloon ,2004, Private Collection

リアルサイズに再現されたストリート作品

ストリートの作品を再現したセットの作品です。

No image

こちらも街角の電話ボックスをモチーフに描かれていて、壁画とセットにした作品が印象的。電話ボックスもレトロな感じの物でリアルな風景が再現されています。

No image

まるで、本物の外国の街並みにいるようで、壁の落書きも年季を感じさせます。

No image

ここでしか見ることができない比較展示

No image

フェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女」をモチーフにして描いた壁画の少女の顔です。

少女の耳の部分には真珠の代わりに黄色い警報装置があり、「鼓膜が破れた少女」というタイトルがつけられています。

壁画の作品がある英西部ブリストルのレコーディング・スタジオの外壁の雰囲気が再現されており、臨場感のある作品です。

もうひとつ同じ作品ですがこちらは、新型コロナウイルスの拡大でマスクを装着している少女の作品がアレンジされています。

No image

バンクシーの壁画はロンドン、ニューヨーク、パレスチナ等に作品があり、会場内には、地図に作品がある場所がマッピングされています。

No image

異国の街を散策している気分に

世界一眺めの悪いホテル「THE WALLED OFF HOTEL(壁で分断されたホテル)」を模した作品です。バンクシーがパレスチナのベツレヘム市内にオープンしたホテルの景観を模したセットです。

No image

中に入って見るとホテルのロビーの設えになっています。窓際から見える景色は、イスラエルが建設した分離壁が再現されており、実際に現地のホテルを訪れた気分になります。

No image

今回の展示で興味深い点は、バンクシーの作品を現地で見学した気分になるような街並みが見事に再現されている点です。

No image

Hammer Boy

バンクシーの作品のモチーフにもなっているネズミが動画シルエットで演出されています。

展示会場に数か所このようなスポットがありましたので探しながら見つけるのも楽しいかもしれません。

No image

街並みと壁画が一体感ある演出になっています。

No image

ゴミ箱とゴミの小道具までリアルに再現されていて、細やかな演出を感じます。

No image

遠出の旅が難しい時期ですが、バンクシー展で異国の町の散策気分を味わってみては如何でしょうか。

バンクシーって誰? 展

https://whoisbanksy.jp/

【会期】開催中〜2021年12月5日(日)

【時間】11:00〜20:00 (金・土・祝前日は21:00まで)

※最終入場は閉館時間の30分前

※土日祝は入場時間分割(11:00〜15:00/15:00〜20:00※金・土・祝前日は21:00)

【入場料金】

〈平日〉一般:2,000円/大学生・高校生:1,800円/中学・小学生:1,300円

〈土日祝〉一般:2,200円/大学生・高校生:2,000円/中学・小学生:1,500円

【会場】東京都品川区東品川2-6-4 寺田倉庫 G1ビル

・りんかい線「天王洲アイル駅」 B出口より徒歩4分

・東京モノレール羽田空港線「天王洲アイル駅」南口より徒歩5分

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加