小林幸子、ランボルギーニに乗って始球式に登場

小林幸子、ランボルギーニに乗って始球式に登場

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/17

(パ・リーグ、西武-オリックス、23回戦、17日、メットライフ)「台湾デー」として開催された試合前に台湾観光大使を務める歌手、小林幸子(66)が始球式に登場した。

シルバーのドレスを身にまとい、「疫病退散」と自ら書いた大きな扇子を手にして、バックスクリーンから黄色のランボルギーニに乗車して登場した。

マウンドではスワロフスキー4000個の“ド派手”な銀色のグラブを片手に、黄金のボールに“気”を込めて、投球はせずに隣にいるレオにボールを渡した。

セレモニー後、取材に応じ「スタジアムはわくわくしますね。私らしくするにはどうしたらいいかを考えました。次の募集します。皆さんが喜んでいただけるものを」と“次回登板”のアイデアを呼びかけた。

No image

セレモニアルピッチを務める小林幸子はスーパーカー「ランボルギーニ」に乗ってグラウンドに登場、ファンのみならず選手らの度肝を抜いた=メットライフドーム(西武ドーム)(撮影・尾崎修二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加