斎藤が藤川球児氏にベルト巻かれ涙「いい事もある」

斎藤が藤川球児氏にベルト巻かれ涙「いい事もある」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/23
No image

藤川球児氏(左)にベルトを巻かれる斎藤裕(撮影・白石智彦)

<RIZIN25>◇21日◇大阪城ホール

MMAルールで行われたメインのフェザー級王座決定戦は、修斗王者の斎藤裕(33)が朝倉未来(28)を判定3-0で破り、初代王者に輝いた。

◇   ◇   ◇

下馬評を覆し、王者に輝いた斎藤は、今季限りで現役を引退した元プロ野球阪神の藤川球児氏(40)からベルトを巻かれ「頑張っていればいいこともある」と感極まった。朝倉の重いキックやパンチでふらつき、流血する場面もあったが、常に先に仕掛け、主導権を握った。「(朝倉は)めちゃくちゃ強かった。紙一重で自分に運があった。フェザー級のレベルが上がるように精進していきたい」と王者としての決意を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加