阿部詩、渡名喜ら五輪代表3名が「最後の実戦」に挑む/グランドスラム・カザン2021

阿部詩、渡名喜ら五輪代表3名が「最後の実戦」に挑む/グランドスラム・カザン2021

  • J SPORTS|コラム(ピックアップ)
  • 更新日:2021/05/03

今年5度目の「グランドスラム」、IJFワールドツアー・カザン大会が5日(水)からロシアで開催される。この模様はJ SPORTSで生中継される。

No image

7月24日に開幕する東京五輪柔道競技の前に組まれているワールドツアーは、このカザン大会と6月(6日~13日)のブダペスト世界選手権のみ。日程、そして参加に伴って設定される事後約2週間の隔離期間を考えれば、このカザン大会が実質的には五輪本番前の、まさに最後の実戦機会だ。

この場に日本から挑戦する五輪代表は女子48kg級の渡名喜風南(パーク24)と52kg級の阿部詩(日本体育大3年)、そして70kg級の新井千鶴(三井住友海上)の世界王者3名。エントリーリスト全体を見渡して、ここまで分厚い派遣を行っている強豪国は他にない。この日本五輪代表3名の戦いぶりが今大会最大のトピックと言って良いだろう。

2018年、2019年と世界選手権を連覇している阿部詩は、コロナ禍による約1年間のブランクを経て3月初旬のグランドスラム・タシケントで国際大会に復帰。しっかり優勝はしたのだが、本人曰くその評価は「思うようなものではなかった」「力を出し切れなかった」という厳しいもの。ゆえに、敢えて五輪前に再度の実戦を設定したとのことだ。確かに、いずれも格下を相手にしたこの大会は初戦でまず無名のモンゴル選手にほぼ時間いっぱいを使っての「指導3」勝ち、以後の2戦はいずれも一本勝ちも得意の高い軌道の投技は不発で、まとめを期した決勝は相手の棄権で不戦のまま優勝決定。我々が抱く「触れなば投げん」の秒殺量産者・阿部のイメージとは少々異なる試合ぶりであった。阿部はこの因をまず試合勘不足、そして相手の徹底研究によって自分の形で技に入れなくなっていることと分析している。試合勘の部分は本人も語る通りこの大会でクリアになっており、注目すべきは後者。増地克之代表監督も「袖釣込腰以外で投げられるかどうか」をポイントとして挙げるなど、これまでと違う組み手、違う入り方、違う持ち技での攻撃が求められる局面だ。

阿部自身は「足技や他の技で追い詰め、最終的には袖釣込腰」というビジョンを語っているが、面白いのは、直前の全日本女子合宿でコーチに招かれた内村直也氏の講習にもっとも食いついたのがこの阿部ということ。内村氏と言えば知る人ぞ知る背負投のスペシャリスト、そしてその特徴はあらゆる組み手、あらゆる形からあくまで「背負投で投げ切る」その多彩で確かな方法論である。阿部自身は「(背負投が)生きてくるのは2年後、3年後」との旨コメントしているが、内村理論に秘められた「考え方」はすべての技に応用が利くもの。この点なんらか、面白い化学変化が起こるのではないだろうか。「五輪に向けてしっかり自信をつけたい」という阿部の「一本」量産劇と、その内容に期待だ。

2017年ブダペスト世界選手権を制した48kg級の渡名喜は、1月のワールドマスターズ・ドーハで国際舞台に復帰。準決勝では2018年・2019年と世界選手権決勝で苦杯を喫している宿敵ダリア・ビロディド(ウクライナ)に背負投「技有」で勝利、ついにリベンジを果たした。しかし決勝では「3強」の一角ディストリア・クラスニキ(コソボ)に2度投げられて完敗、復帰戦を優勝で飾ることは出来なかった。渡名喜がこの試合から見出した課題は「受け」。以後は70kg級や63kg級の選手と積極的に組み合い、この部分の強化にリソースを費やして来た。特徴である攻撃力の高さと豊かなスピード以上に、安定感という部分にフォーカスして見守りたい大会。今大会の敵はただ1人、「五輪決め」の2020年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ決勝で敗れたフランスの新鋭シリーヌ・ブクリのみ。以後大出世、同年秋にはヨーロッパ王者の座も得たこの相手にしっかり勝利し、五輪に弾みをつけたいところだ。

No image

2018年バクー世界選手権70kg級の覇者・新井千鶴は、2019年東京世界選手権では思わぬ早期敗退。以後課題の組み手を中心に錬磨を続け、2020年2月のグランドスラム・デュッセルドルフではキャリア最高ともいえる出来で優勝。ぶじ東京五輪代表の座を射止めた。以後70kg級は中堅選手が急速にレベルアップ、メダルクラスとの差がほとんどなくなりつつある。新井はその中にあって、復帰戦となった3月のグランドスラム・タシケントでしっかり優勝。徹底研究にあって苦戦したが、練って来た組み手を中心に必死で凌ぎ、しっかり勝ち切ったそのしぶとさと使命感の高さが印象的であった。ジュリ・アルベール(コロンビア)が引退、東京世界選手権の覇者マリー=イヴ・ガイ(フランス)が代表落ちとなった70kg級世界にあって、五輪の金メダル候補筆頭は間違いなく新井。しっかり勝ち切って、この番付を維持したまま本番に乗り込みたいところだ。

男子では、初の世界選手権代表に決まった村尾三四郎(東海大3年)が送り込まれる。90kg級は五輪金メダル候補筆頭格のミハイル・イゴルニコフ(ロシア)や2017年の世界王者ネマニャ・マイドフ(セルビア)らが出場する大会屈指のハイレベル階級。潜在能力は世界王者クラスと評される村尾が、現時点でどこまでやれるのかに注目。

文:古田 英毅(柔道サイト eJudo)
※5月1日時点のエントリー情報に基づいて作成しています

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加