内村選手が引退会見「人生の半分以上を日の丸を背負ってきた」 母は「やっと普通のお母さんになれる」

内村選手が引退会見「人生の半分以上を日の丸を背負ってきた」 母は「やっと普通のお母さんになれる」

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2022/01/14
No image

テレビ長崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

長崎のスター、体操キングがついに引退です。

個人総合でオリンピック連覇を果たすなど、体操界の絶対王者として活躍した諫早市出身の内村 航平 選手が14日、引退会見を開きました。

14日、引退会見を開いた諫早市出身の体操キング 内村 航平 選手。6種目、すべてを完璧にこなす絶対王者として、個人総合ではオリンピックと世界選手権、合わせて8回連続で世界の頂点に立ちました。

演技で最もこだわってきたのは。

内村 航平 選手「着地です。着地を止めているという印象を皆さんもお持ちだと思いますし、僕自身も追い求めてやってきた。

3歳から好きで体操を始めて、1月3日で33歳になって、体操歴も30年になって、人生の半分以上を日の丸を背負ってやってこれたというのは誇り」

諫早市で体操クラブを経営する内村 選手の両親は。

内村 周子 さん 「正直に言っていいですか。やっと、普通のお母さんになれるなって。やっと息子も試合のことばかり考えることもなく、これから普通の人間に戻れて、会話も増えるのかなって。

やっとという気持ちが強いです。

航平にLINEで『感動の夢を見せてくれてありがとう。会見、頑張ってね』って打ったら、すぐに返事くれました。

あの子らしい返事で『夢じゃなくて、夢みたいな現実を見せてきんだけどね』と」

内村 和久 さん 「今からは体操界に恩返しできる人になってほしい」

内村 選手が後輩たちに伝えたいことは。

内村 航平 選手 「体操だけうまくてもだめだよと伝えたい。やはり、人間性が伴っていないと。

僕は小さいときから父親に、体操選手である前に1人の人間としてちゃんとしていないとだめだと言われ続けて育てられた。

その意味がようやく分かった」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加