ヤクルト・村上宗隆が2本塁打など4安打6打点 球団記録となるラミレスに並ぶ4番での連続出場試合で祝砲&大勝

ヤクルト・村上宗隆が2本塁打など4安打6打点 球団記録となるラミレスに並ぶ4番での連続出場試合で祝砲&大勝

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

8回、2点本塁打を放つヤクルト・村上宗隆=バンテリンドームナゴヤ(撮影・松永渉平)

ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が23日、中日11回戦(バンテリンドーム)に「4番・三塁」で出場。2020年6月19日の中日戦から331試合連続の4番先発出場で、アレックス・ラミレス(04年10月15日-07年5月16日)の持つ球団記録に並んだ。一回には早くも今季4本目となる満塁本塁打。八回にも23号2ランを放つなど5打数4安打6打点の活躍。若き主砲が豪快な2発で快挙達成に花を添えた。チームは10-0で大勝した。

若き主砲がメモリアルな日に、自ら祝砲を決めた。一回無死満塁。村上が右翼席最前列に22号満塁本塁打を放った。

「先制のチャンスだったので先に取りたかった。追い込まれていたので外野フライでもという気持ちでした。入ってくれて良かった」。カウント3―2から6球目、岡野の真ん中付近に入ったフォークボールを見逃さなかった。4打点をたたき出して両リーグ最速の60打点に到達。4番打者として圧倒的な勝負強さを見せた。

満塁弾は11日のソフトバンク戦に次いで今季4度目。自身が持つ球団記録を更新し、プロ野球記録となる1950年の中日・西沢道夫の5本に6月の時点であと「1」と迫った。

日本を代表するレジェンドに肩を並べた。2020年6月19日の中日戦から4番で出場を続け、4番での連続先発出場記録を331試合に伸ばした。球団では2004年10月から07年5月までに達成したアレックス・ラミレスの記録に並びタイ記録。歴代では阪神・掛布雅之の361試合に次いで7位タイとなった。

これだけで終わらない。村上は八回には祖父江から右中間へ23号2ランを放った。

援護を受けた先発の高梨はリズムのいい投球で9三振を奪うなど6安打完封で、5勝目(3敗)を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加