目の不自由な人たちに点字カレンダーを贈呈 島根県内で300部配布

目の不自由な人たちに点字カレンダーを贈呈 島根県内で300部配布

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2021/11/25
No image

25日、松江市で点字カレンダーの贈呈式が行われ、日本海テレビの山尾義己島根総局長から島根県視覚障害者福祉協会の小川幹雄会長に300部の点字カレンダーが手渡された。カレンダーのテーマは「灯台のある風景」。日御碕灯台の写真も使われている。

島根県内の目の不自由な人たちに役立ててもらおうと、来年の点字カレンダーが贈られた。

点字カレンダーは日本テレビ小鳩文化事業団が目の不自由な方に役立ててもらおうと作成、配布していて、今回で47回目となる。

松江市のライトハウスライブラリーで25日、贈呈式が行われ、日本海テレビの山尾義己島根総局長から島根県視覚障害者福祉協会の小川幹雄会長に300部の点字カレンダーが手渡された。

来年のカレンダーのテーマは「灯台のある風景」。千葉県の犬吠埼灯台や出雲市の日御碕灯台など、全国各地の灯台の写真が使われている。

島根県視覚障害者福祉協会 小川幹雄会長:「日御碕灯台も取りあげていただいているようで大変うれしいです。やっぱり新しい年を迎えるような気分になりますね。1年いい年であることを願っています。」

点字カレンダーは協会を通じて、島根県内の目の不自由な人たちに届けられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加