夏の古都、論戦幕開け 現新6人 奈良選挙区

夏の古都、論戦幕開け 現新6人 奈良選挙区

  • 産経ニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

出発式で集まった支持者らに手を振る参院選の候補者=奈良市

参院選が22日公示され、奈良選挙区(改選数1)には現新6人が立候補を届け出た。物価高対策や新型コロナウイルス対応、安全保障政策…。暮らしに直結する課題が山積する中、7月10日の投開票に向け、熱い論戦が始まった。

立候補したのは、共産党新人の北野伊津子氏(46)▽政治団体「参政党」新人の中村麻美氏(43)▽立憲民主党新人の猪奥美里氏(42)▽日本維新の会新人の中川崇氏(36)▽自民党現職の佐藤啓氏(43)▽NHK党新人の冨田哲之氏(70)―の6人。

前回は自民候補と野党統一候補が激突したが、今回は共闘への野党の足並みはそろわず、6人の乱戦となった。18日間の選挙戦が火ぶたを切ったこの日、候補者は駅前でそれぞれ第一声を上げた後、街頭に繰り出し、有権者らに政策を訴えて回った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加