「拓磨君が良い動き出しをしてくれて、そこに綺麗に届けることができた」板倉滉

「拓磨君が良い動き出しをしてくれて、そこに綺麗に届けることができた」板倉滉

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/25
No image

FIFAワールドカップカタール2022。11月23日に行われた強豪ドイツ代表との一戦で劇的な逆転勝利を収めた日本代表。貴重な決勝点のアシストを記録し、守備の要でもある板倉滉選手が試合後のインタビューに答えました。

Q:勝利後の心情は
板倉:最高ですね、でかいなと。この勝利は大きいなと思います。

Q:後半の改善点は
板倉:前半、1.5列目のところが相手のトップ下のところがなかなかはまってなくて難しい時間帯が続いていたので、後半そこ修正しようということでファイブバックにしてそこからは僕と特に冨(冨安)、(吉田)麻也君が強く前に行けるようになりましたし、そこでボールを奪ってチャンスを作れたと思うのでそこで修正できて後半ファイブバックで埋められるぞっていうところを初戦ドイツ相手に見せれたっていうのはすごい大きいかなと思います。

Q:自身プレーするドイツ相手に試合をした感想は
板倉:やる前からクオリティの高い選手が揃っているっていうのわかってたし、実際にブンデスリーガと試合して、ものすごいクオリティの選手がいるっていうのもわかってたのでその相手に対して勝ち点を取れたのはすごい嬉しいことだし、やっぱり簡単にはいかなかったのでたぶん日本国民みんなが喜んでいると思うので、まずそういう気持ちにさせられたことが嬉しいです。

Q:二点目の場面での心情・意識は
板倉:ちょっと遅れたかなと思ったんですけど(浅野)拓磨君が良い本当に動き出ししてくれててそこに綺麗に届けることができましたし、僕も膝を怪我して(浅野)拓磨君と同じタイミングで同じ怪我をした仲間だったのでずっとリハビリも一緒に共にやってきたし、嬉しかったですね。(浅野)拓磨君が決めてくれたことによって小さいですけどアシスト1がついて最後それが決勝点になったのは僕と(浅野)拓磨君だけじゃなくてメディカルチームの方にも感謝しないといけないし、すごい大きな点だったなと思います。

Q:勝利で日本は大きく盛り上がってきていますが
板倉:嬉しいですね。日本をもっと盛り上げたいという思いでやってましたし、なかなかサッカーの盛り上がりがちょっとずつ落ちてきたところでのビックゲームだったので、これでまた盛り上がってくれたらと思いますけど、引き続き次の試合にも勝って皆で喜んでほしいなと思います。

日本の第二戦、運命のコスタリカ戦は27日(日)午後7時キックオフです。

「どれだけディフェンス陣が踏ん張れるかというところも大事」板倉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加