マツダ787Bがル・マン24時間レースで総合優勝。日本車とロータリーエンジン初の快挙【今日は何の日?6月23日】

マツダ787Bがル・マン24時間レースで総合優勝。日本車とロータリーエンジン初の快挙【今日は何の日?6月23日】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/06/24

■ロータリーエンジンの性能と信頼性の高さを実証したル・マン優勝

1991(平成3)年6月23日、マツダ(当時は東洋工業)のロータリーエンジン搭載マシン「787B」が、世界最高峰の耐久レース「ル・マン24時間レース」で、日本車初の総合優勝を達成。これにより、唯一量産化に成功したマツダのロータリーエンジンの性能と信頼性の高さが、世界中にアピールされました。

No image

1991年ル・マン24時間レースで優勝を飾ったマツダ「787B」

●ロータリー車が国内で無敵の100勝を達成

マツダは1967年に「コスモスポーツ」を発売、量産初のロータリーエンジン搭載車として大きな注目を集めました。その直後から、マツダはロータリー車で国内外の多くのレースに参戦して、その実力をアピールしました。

No image

1967年に発売された量産初のロータリーエンジン搭載「コスモスポーツ」

何よりもレース界に衝撃を与えたのは、1971年2月の富士500マイルレースでした。12A型ロータリーを搭載した「サバンナロータリーGT」が、当時無敵であった「スカイラインGT-R」の50連勝にストップをかけたのです。その後も連勝を重ね1976年のJAFグランプリの優勝で、国内レース通算100勝という金字塔を打ち立てました。

そして、次なる目標としてマツダが掲げたのは、ル・マン24時間レースの制覇でした。

●ル・マンの厚い壁に何度も跳ね返されるも徐々に上位へ

No image

他を圧倒する走りを見せた1971年のサバンナロータリーGT

マツダのロータリーマシンが初めてル・マンに参戦したのは、1970年でした。シェブロンB16にロータリーエンジン10A型を搭載したマシンで挑みましたが、あえなく4時間でリタイヤ。その後も参戦してはリタイヤを繰り返し、初めて完走できたのは1980年、米国のプライベートチームの「サバンナRX-7」でした。総合順位21位という結果を残し、ロータリーエンジン初の完走を果たしたのです。

その後も、上位入賞を目指して改良を加え、予選は必ず通過するだけの実力をつけました。1984年のル・マンでは、参戦4台すべてが完走して上位入賞を果たし、マツダのロータリーマシンが世界中から、注目されるようになりました。

●ついに、マツダ「787B」が日本史上初の総合優勝を達成

No image

787Bに搭載された「R26B」ロータリーエンジン

その後も改良と挑戦を繰り返し、1990年に新たにR26B型ロータリーエンジンを開発。R26B型は654cc×4ローターで1ローターあたり3つの点火プラグとリアルタイム可変吸気機構を組み合わせ、最高出力700PSを誇りました。

1991年6月23日、ついに記念すべき時がきました。3台のロータリーマシン「マツダ787B」は、レース開始からメルセデス、ジャガー、プジョー、ポルシェなどの強豪車と激しいトップ争いを繰り広げます。前年覇者のメルセデスを抜き去り、スタートから24時間後の午後4時、ついに栄光のチェッカーフラッグを受け、日本史上初の総合優勝という偉業を成し遂げたのです。

4輪モータースポーツで、日本メーカーが成し遂げた最初の偉業は、このマツダのル・マン総合優勝ではないでしょうか。耐久信頼性の問題で量産化できなかったロータリーエンジンを、唯一量産化したマツダが、耐久レースの最高峰で優勝したことに、マツダの誇りと意地を感じてしまいますね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

あわせて読みたい

トヨタ・チェイサー登場。打倒スカイラインを目指すマークIIの兄弟【今日は何の日?6月24日】

最後の水平対向6気筒NAエンジン。ポルシェ ボクスタースパイダー「RS」最新プロトタイプ

ル・マンに「マツダ 787B」のロータリーサウンドが帰ってくる

新型ポルシェ911「GT3 RS」究極の自然吸気エンジン最強911はいつデビューする?

日産ローレルにハードトップが追加。トヨタ・マークIIに対抗した日本初のスペシャルティカー【今日は何の日?6月22日】

Mr. ソラン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加