JO1『1ST ARENA LIVE TOUR ʻKIZUNAʼ』4都市目 福岡公演が終了!

JO1『1ST ARENA LIVE TOUR ʻKIZUNAʼ』4都市目 福岡公演が終了!

  • ジェイタメ
  • 更新日:2022/09/23
No image

グローバルボーイズグループ“JO1”がデビュー以来初となる全国アリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ʻKIZUNAʼ』 の4都市⽬となる福岡公演(会場︓マリンメッセ福岡 A館)が終了した。

No image

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

公演内では、10⽉12⽇(⽔)リリースの6TH SINGLE『MIDNIGHT SUN』より、リード曲「SuperCali」(読み︓スパカリ)をサプライズで初披露した。これまでどのような楽曲なのかベールに包まれてきた本曲。
「Supercalifragilisticexpialidocious」(スパカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス)という呪⽂を中毒性溢れるメロディで表現しながら、 JO1のこれからの成⻑を誓い、体の隅々の細胞まで情熱を燃やすという強い信念が込められている楽曲だ。振り付けも操り⼈形のような⾼速シンクロダンスで、会場と配信で⾒るJAM(ファンネーム)を魅了した。
全楽曲⽣バンドの編成となる今回のアリーナツアーは、疾⾛感のある『Move The Soul』から幕を開け、『Born To Be Wild』や『YOLO-konde』など、5曲ノンストップのパワフルなステージでスタートしました。 冒頭のMCでは、地元・福岡にライブ初凱旋となった川尻蓮が「ただいま〜︕」と挨拶し、鳴り⽌まない拍⼿でJAMに迎えられた。他にも関⻄出⾝の河野純喜は「福岡、ばり好きよっちゃけど」と少し間違った博多弁で会場に笑いを誘い、リーダーの與那城奨は⼤⼈の⾊気で「ばり好いと〜よ」とストレートに伝えた。

その後も、ユニットステージや⽊全翔也⽈く、JAMとの絆を歌ったバラード曲「君のまま」を歌唱するなど、さまざまな曲とダンスで盛り上げた。
そして、ライブ中盤。VCRが明けるとサプライズで初披露したのは、新曲「SuperCali」。会場はどよめきに包まれ、観客は嬉しいサプライズパフォーマンスに釘付けの様⼦だった。さらにその後のMCでは、「SuperCali」の⾳源先⾏配信とPERFORMANCE VIDEOの公開を発表した。どこの振り付けが好きかと聞かれた川⻄拓実は、「11⼈揃ってフォーメーションを組むサビのダンスが好き。この曲は11⼈じゃないとできない」と話した。結成時から11⼈でパフォーマンス⼒を⽇々磨いてきたJO1。新曲をまず誰より最初に会場いっぱいのJAM(JO1のファンネームで“会場をいっぱいにする“という意味が込められている)の⽬の前で届けることができ、これまで以上にパフォーマンスにフィーチャーした気迫が感じられる初のステージとなった。

No image

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

最後の挨拶では、川尻が「僕たちが⼤変な時、みんなが僕たちを幸せにしてくれる。僕たちもみんなにとってそういう存在でありたい。こうやって(地元である)福岡にこんな⼒強いメンバーと⼀緒に来れたことが誇らしくて、嬉しい」と涙ながらに語った。最後まで熱気と多幸感に溢れたステージで幕を閉じた。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加