LINEを未読無視する人の心理とされた側がやってはいけないNG対応

LINEを未読無視する人の心理とされた側がやってはいけないNG対応

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/17
No image

LINEで未読無視をされると、不安に感じる人も多いでしょう。未読無視をされる理由はさまざまで、意図的なケースがあれば、そうではない場合もあります。この記事では未読無視をされる原因や対処法、されたときにやってはいけないNG行動について見ていきます。

LINEで未読無視をする人の心理

LINEで未読無視をする人は、どのような気持ちで無視するのでしょうか。ここでは『わざと未読無視をする人』の心理と考えられる要因を三つ紹介します。

やり取りが面倒くさい

相手が「やり取りが面倒くさい」と感じている場合、LINEが届いても読まずに放置している可能性があります。特に男性は、付き合い始めると連絡頻度が少なくなる人が多いです。

短文のメッセージであっても、やり取りが多くなるとそれだけ負担も大きくなります。未読無視をされているのであれば、相手とのやり取りを思い起こしてみましょう。頻繁にLINEを送るなど、心当たりはありませんか?

自分のメッセージが相手に「負担を掛けている」と感じるなら、改善することでうまくいくケースもあります。

相手に関心がない

相手に好感を持たれたくない場合も、未読無視をして距離を置く人は多いです。LINEを送ってもスルーされる状態は、関心を持たれていないのかもしれません。

また、LINEを送り合っていたにもかかわらず、『急に連絡が途絶えた』というケースも要注意です。この場合は、相手の興味が他の異性に移った可能性も考えられます。

いずれにせよ、相手に関心がないものを振り向かせるのは難しいかもしれません。

恋人と自然消滅を狙っている場合も

LINEの相手が恋人の場合、自然消滅を狙っている可能性もあるでしょう。

関係を終わらせたいのに、はっきりと別れを告げられない男性もいます。長く付き合ってきた相手や、結婚まで話が進んでいる相手には、ことさらにはっきりと別れを言うのは難しいでしょう。

はっきり言い出せない人にとっては、相手に判断を委ねてしまった方が楽なのです。優柔不断なタイプの場合は、未読無視によって『結論を先延ばし』にする狙いがあるのかもしれません。

可能であれば、一度直接会って話し合うことで関係が改善する可能性も見出せます。

片思いの人に未読無視されたら脈なし?

No image

片思いの相手に未読無視をされた場合、「脈があるのかどうか」が気になるのではないでしょうか。わざと未読無視をされている場合、脈がないことも考えられますが、絶対にそうだとも言い切れません。その理由について、解説します。

興味を持たれていない可能性が高い

LINEがわざと未読無視されている場合は、相手に興味を持たれていない可能性が高いです。多くの場合はこれに当てはまるでしょう。

1回だけであれば他の理由も考えられますが、継続して未読無視が続くようであれば『脈なし』の可能性が高まります。未読無視をされないように、やり取りを工夫するか、会って話し合うなどして関係を改善する方がよいでしょう。

駆け引きをしている場合もある

返事がないからといって、必ず脈がないわけではありません。『脈あり』の場合でも、駆け引きのために未読無視をする人もいるからです。

駆け引きでは、わざと相手を不安に思わせることで気を引こうとします。このようなタイプは、自分で主導権を握りたい人に多いです。『暇な人』だと思われたくないため、すぐに返信をしない人もいます。

もし、「駆け引きされているのかもしれない」と考えられる理由があれば、不安に思うことなくドンと構えましょう。

ブロックされている可能性も

未読無視ではなく、連絡自体をブロックしている可能性もあります。

LINEがブロックされている場合、相手にはそのことが通知されず、メッセージも未読のまま変わりません。どれだけメッセージを送っても、相手に見られることはないのです。

何回送っても既読にならないのであれば、あなたとのやり取りを拒否している可能性が高まります。この場合は、脈なしと考えるしかありません。

悪気がないケースもある

No image

未読無視は意図的なものだと思われがちですが、中には『悪気がない未読無視』もあります。では、悪気なく未読無視をしているのはなぜなのでしょうか?

一般的に考えられる、いくつかのケースを紹介します。「未読無視をされている」と不安に思う前に、これらの可能性も考えてみましょう。

忙しくてチェックする余裕がない

仕事などで時間に余裕がない人は、LINEが届いても「後で返信しよう」と後回しにすることが多いです。膨大な未読通知の中に埋もれて、そのまま忘れることもあるでしょう。このようなケースは、『悪気がない未読無視』の代表格です。

どうしても不安な人は、相手の仕事状況などを聞いておきましょう。忙しいことが分かれば、返事がなくても察することができるかもしれません。

未読無視の頻度がそこまで高くないのであれば、「忙しいのかもしれない」と思えるくらいの心の余裕を持ちましょう。

LINEの優先度が低い、好きではない

LINEの使用頻度が低く、あまり使いたがらない人もいます。この場合は、特定の人のメッセージだけを未読にしているのではなく、さまざまな人とのやり取りを未読にしている可能性が高いです。そのまま返信を忘れてしまうこともあります。

そのような相手に返信を急かすと、かえって『面倒くさい』と思われてしまうかもしれません。そのため、無理に急かすのは避けましょう。

「未読無視をやめてほしい」と思っていても、嫌がる人に改善を促すのは困難です。LINEのやり取りを負担に感じさせないように、内容を簡潔にするか、別のやり取りを考えた方がよいでしょう。

すぐに返信できない

相手が『すぐに返信できない状況』にある可能性もあります。「返事しにくいから、後で確認しよう」と後回しになり、そのまま忘れてしまうようなケースです。

どのケースもそうですが、返事を催促するような行動は慎みましょう。そのようなメッセージばかり送っていると、相手の負担が大きくなり、未読無視の頻度が増えてしまいます。最悪の場合、「相手にブロックされた!」なんてことにもなりかねません。

LINEの内容を改善することで、未読無視が減り、反応を返してくれる頻度が上がることがあります。

LINEを未読無視されたときの対処策

No image

送る内容やタイミングに気を付けることで、未読無視は減らせるかもしれません。ここでは未読無視をされた場合の対処策について解説します。

送る内容を工夫する

とりとめのない長文や一言だけの短文でLINEを送ると、相手が反応に困ってしまうかもしれません。未読無視をされたくない人は、送るメッセージの内容を工夫しましょう。

未読無視をされないようにするには、『相手が開きやすく、返信しやすい内容』にすることが大切です。例えば、文章の書き出しを疑問文にすると、どんな返信が求められているか分かりやすいでしょう。

動画や画像を使うのもおすすめです。書き出しの部分が重要なのはもちろんですが、文章のボリュームや伝え方を工夫することで、未読無視が改善するかもしれません。

返信しやすいタイミングに連絡する

返信しやすいタイミングを意識して連絡するのも効果的です。相手が起きた直後や仕事が終わったタイミングなどがよいでしょう。

寝ている時間や仕事中などは、見逃されやすくなります。それだけではなく、「タイミングが悪い」と思われ、相手に不快感を与えてしまうかもしれません。

返信がほしいのであれば、自分のタイミングだけでLINEを送らないことです。配慮していることが伝われば、相手も返信しやすくなるでしょう。

気にし過ぎないこと

LINEの既読が付かず、「未読無視されたのではないか」と疑い始めると、不安な気持ちが続きますね。だからといって、返事をもらえるまでLINEを送り続けるような行動は避けましょう。

未読無視が意図的ではないケースでは、「信用されてない」と受け取られることもあります。付き合いが浅い場合や関係性ができていない間柄ではなおさらです。最悪の場合、そのままブロックされる可能性もあるでしょう。

未読無視の画面ばかりを気にしても、よいことはありません。気楽に構えて、気にし過ぎないことが一番です。反省することがある場合は、次回以降のやり取りに生かしましょう。

未読無視へのNGな対応

No image

未読無視をされている場合、下手に行動すると『逆効果』となってしまうこともあります。ここでは未読無視のNG対応について、詳しく見ていきましょう。

追撃や逆ギレLINEを送る

未読無視をされたときに、『追撃LINE』や『逆ギレLINE』を送るのは避けましょう。

追撃LINEとは、LINEが未読の状態なのに連続してLINEを送ることです。メッセージが矢継ぎ早に届き、通知の多さにうんざりされるかもしれません。「なんで返信しないの?」と逆ギレLINEを送るのも逆効果となってしまいます。

このような行動は、相手が面倒くささを感じる要因となり、嫌われる原因にもなり得ます。未読無視の頻度が増えたり、そのままブロックされたりと、よいことは何もありません。

それよりも、「LINEの返信ができない状況かもしれない」と思い遣った方が、自分の気持ちも相手の気持ちも楽になるでしょう。

未読無視をやり返す

未読無視をされたからといって、自分もやり返すのはよくありません。未読無視をされたときの不安な気持ちを「分かってほしい」と思うのはエゴです。相手によっては、「やられたらやり返す」という考え自体が幼稚だと思われるかもしれません。

自分がされて嫌なことをするのは、相手を不快にするだけです。お互いに嫌な気持ちになってしまい、距離を作る原因となってしまいます。今後も相手と良好な関係を維持したいのであれば、このような行動はNGだといえるでしょう。

どうしてもLINEの未読無視を減らしてほしい場合は、怒りや焦りで行動を起こすのではなく、冷静なときに『話し合うこと』をおすすめします。

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加