「さすがに食べ物の夢を見たね......」9日間のファスティングに挑んだお笑いコンビ・ロケット団の三浦がその過酷さを語る

「さすがに食べ物の夢を見たね......」9日間のファスティングに挑んだお笑いコンビ・ロケット団の三浦がその過酷さを語る

  • ニッポン放送 NEWS ONLINE
  • 更新日:2022/05/14

4月30日(土)、お笑いコンビ・ロケット団の三浦昌朗(みうらまさあき)と倉本剛(くらもとごう)がパーソナリティを務めるラジオ番組「ロケット団の定例ラジオ」(ニッポン放送・毎週土曜15時30分~)が放送。三浦が、先日ファスティングを行ったことを明かした。

No image

ロケット団

ファスティングとは『断食』のことを指す言葉で、胃腸を休ませることによって体内のデトックスやダイエット効果などが期待できる。元々細身の三浦はダイエットの必要はないが、集中して取り組めるスケジュールだったこともあり、デトックス効果を期待してファスティングを始めたという。

三浦は今回、準備期間を含めて9日間の食事制限に挑戦。その内容について、詳細を語った。

三浦:(ファスティングを)3日間やるんだけど、その前に準備期間があるわけ。急に(食事を)減らすと危険だから、徐々に減らしてくのよ。3日間は準備期間で、(初日は)和食中心にして油を抜く。で、次の日は、お魚とかにする。で、次の日は、ご飯も炭水化物も抜くとか。徐々に減らしていくのが準備期間。

倉本:うんうん。

三浦:で、(次の)3日間は水だけ。水はいっぱい飲まなきゃいけない。2リットル以上飲んで。俺は酵素ドリンクみたいなのをずっと飲んでたの。甘くて美味しいの、これが。

倉本:お~。

三浦:それを3日間やったら、今度、回復期間があるわけ。急に食べたらダメだから。徐々に増やしていくんです。だから要するに、9日間掛かるんですよ。

倉本:大変だね~。

三浦:回復期間は、まず重湯とかから始まるの。固形物を食べない。俺はそのときは、大根を細く切って茹でて、味噌をちょっとだけ付けて、大根をよく噛んで1時間掛けて食べるわけよ。

倉本:1時間?(笑)

三浦:大根を食べて、茹で汁に梅干しを溶かして飲むんだよ。それを2回ぐらい繰り返すの。それで、その日の夜は具なしの味噌汁とか。

倉本:へぇ~!

トータルで9日間掛けてファスティングを行った三浦は、倉本曰く「ちょっと心配になったよ」というくらい痩せて見えたとのこと。「楽しんでたらいいけどね」とフォローした倉本だったが、三浦は「さすがに3日目は食べ物の夢を見たね……」と、やはり過酷であったことを明かしていた。

ニッポン放送 NEWS ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加