「正直怒り憎しみしかない」漁業関係者が憤る 再発防止委員会の効果は 焼津カツオ窃盗

「正直怒り憎しみしかない」漁業関係者が憤る 再発防止委員会の効果は 焼津カツオ窃盗

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/01/14
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

カツオの大量窃盗事件で、再発防止に向けて動き出した静岡県の焼津漁協ですが、焼津漁港の漁業関係者は漁協に対する憤りを隠しきれません。

焼津漁港の漁業関係者 「今まで起こっていたことを全然内容も開示せずに、再発防止委員会っていうのもないんじゃないかなっていう風には思いますよね」

別の漁業関係者「正直怒り憎しみしかないよね。でもそんなこと言っていても(漁協は)一緒にやっていかなきゃならない。ある意味パートナーなのでなんとか是正してもらって、全容解明はなかなか難しいと思うが少なくとも内部調査をちゃんとしてもらって、ある程度きれいになってもらって信用、信頼というのは壊れてしまったから、そこをこれから作っていかないと」

漁協は14日、1回目の再発防止委員会を開き、カツオを載せたトラックの全量検査の実施や防犯設備などについて話し合ったということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加