阪神・望月が入籍を発表「支えてくれる家族のためにも1軍で結果を残すことができるように」

阪神・望月が入籍を発表「支えてくれる家族のためにも1軍で結果を残すことができるように」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/01/13

阪神・望月惇志投手(23)が13日、神奈川県出身の一般女性と入籍したことを発表した。

球団を通じ「今年が勝負の年だと思っていますし、支えてくれる家族のためにも、しっかり1軍で結果を残すことができるように、日々取り組んでいきます」とコメントした。

今年で高卒6年目の右腕は2018年に中継ぎとして37試合に登板し、頭角を現すと、翌19年には先発で初白星を挙げるなどステップアップ。しかし、昨季は中継ぎで16試合の登板にとどまっていた。

今オフには球団寮の「虎風荘」を退寮。心機一転し、パートナーと支え合いながら2021年は1軍マウンドで躍動する。

No image

阪神・望月

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加