【一問一答】ソフトB・工藤監督、8勝目の東浜は「1週間の過ごし方がいい」

【一問一答】ソフトB・工藤監督、8勝目の東浜は「1週間の過ごし方がいい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/17

(パ・リーグ、ソフトバンク5-0楽天、23回戦、ソフトバンク14勝9敗、17日、ペイペイドーム)ソフトバンクが今季12度目の完封勝ちで7連勝。東浜巨投手(30)が7回無失点で8勝目を挙げた。試合後、工藤公康監督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

--いいところで主軸に2本のホームラン

「先制したいと思っているところで柳田君が価値ある一発を打ってくれた。ベンチの雰囲気も変わりましたし、いい形で試合も進んでいったと思います」

--グラシアルは

「ちょっと詰まり気味にも見えたんですけど。よく飛んでくれましたね」

--栗原が満塁に強い

「カーブを、うまくとらえて。狙っていたのかもしれないですけど。初球からのカーブをよく打ってくれたし、あそこの3点はチームにとっても投げている東浜君にとっても大きな3点だったと思います」

--東浜は

「途中、いろいろありましたけど。ゼロで抑えてくれたのはナイスピッチング。いいときも悪い時もありますけど、自分の中で微調整してくれたと思います。思い通りにならないときも変化球を使いながら」

--東浜の成長は

「1週間の過ごし方がいいんだと思います。その中でのルーティンがはっきりしたんじゃないかなと。その中で調整してくれているのが、いい結果につながっていると思います」

--首位固め

「首位固めうんぬんよりも、目の前の試合をしっかりと戦っていくことが何より大事。あしたはあしたでいいゲームをしないと。そこだけを見てこれからも戦っていきたいと思います」

No image

選手交代を告げるソフトバンク・工藤監督=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加