ペンギン、赤ちゃんラッシュ 新潟で17羽誕生「成長見守って」

ペンギン、赤ちゃんラッシュ 新潟で17羽誕生「成長見守って」

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/06/23
No image

"生まれて1カ月ほどが経ったひな(右)=うみがたり提供"

新潟県の上越市立水族博物館「うみがたり」でこの春、マゼランペンギンのひなが17羽生まれ、すくすくと育っている。開館4周年を迎える26日に合わせ、国内最多の120羽超を飼育する同館ならではのイベントも目白押しだ。

半世紀前、たった3冊から始まったパンダ飼育 上野動物園140年

3月27日の今年初産卵から繁殖シーズンに入り、5月上旬に最初の孵化(ふか)を確認。6月上旬までの約1カ月間で昨年より12羽多い17羽が次々と誕生した。中には生まれてから1カ月を過ぎ、弱々しかった鳴き声がすっかり力強くなってきたひなも。巣箱から時折出てきては親鳥に餌をねだるなどしているという。担当者は「様々な成長過程のひなを温かく見守っていただければ」と話す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加