鎌倉むかし物語を展示 玉縄図書館とパン店で〈鎌倉市〉

鎌倉むかし物語を展示 玉縄図書館とパン店で〈鎌倉市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/11/25

女性ボランティアグループ「鎌倉子育てガイド(コソガイ)」は、玉縄図書館と岡本のパン店・ベッカライジーベンで地域に伝わる昔話を絵と文章で紹介する展示企画「鎌倉むかし物語」を、10月から行っている。

鎌倉には、場所や時代を特定できる昔話が多数あり、ゆかりの碑なども存在。そこで、コソガイでは昔話を紹介する企画を発案。地域住民の記憶や資料を基に、玉縄図書館や市図書館近代史資料室の協力を得て、文章を整え、地域を描き続ける画家の渋谷雅子さん、伊東雅江さんの絵とともにパネルにまとめている。

展示内容は会場により異なり、1カ月程度で変更。企画は半年から1年ほど実施予定。玉縄図書館では現在、大蛇が住むという津村にあった小さな池にまつわる「ネコ池」と関連書籍を展示中。

コソガイが運営するウェブページでは、さらに詳しい情報も掲載している。詳細は「鎌倉むかし物語」で検索を。

No image

玉縄図書館では関連書籍なども展示中

タウンニュース鎌倉版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加