レッドブルF1代表「ポルシェとのパートナーシップは、我々のDNAにフィットした長期的なものでなければならない」

レッドブルF1代表「ポルシェとのパートナーシップは、我々のDNAにフィットした長期的なものでなければならない」

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/08/06
No image

レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、将来ポルシェとパートナーシップを結ぶ場合は、レッドブルのDNAにフィットした形で、長期にわたり関係を築くことになると語った。2026年にF1パワーユニット規則が大幅に変更されるタイミングで、ポルシェがレッドブルと提携してF1に参入する予定であることが明らかになったが、正式発表は行われていない。

世界各国の競争当局にパートナーシップに関する書類が提出され、モロッコの競争評議会が公開した書類によって、ポルシェがレッドブルのF1部門レッドブル・テクノロジーの株式50パーセント取得を目指すこと、レッドブル・テクノロジーのパワーユニット(PU)を開発・製造するジョイントベンチャーを立ち上げる計画があることが明らかになった。

No image

レッドブル・レーシングのファクトリー

ハンガリーGPの週末、ホーナーは、ポルシェとの話し合いはまだ初期段階にあると主張する一方で、提携する場合、それは長期的なプランに基づいたものになると示唆した。

「さまざまなうわさが飛び交っているが、まだ話し合いの段階にすぎない。基本的な要素であるレギュレーションにおいて多数の注意点が存在する」

「レッドブルはF1へのコミットメントを示し、最初はスポンサーとして、次にチームオーナーとして、それから2チームのオーナーとして、さらにはサーキットのプロモーターとして、このスポーツで長期的に活動してきた」

「我々は何かを考えるとき、長期的な視野に立つ。短期的なソリューションは考えないのだ。戦略的には、レッドブルがF1にコミットする上で立てている長期的なプランのなかにフィットする必要があるだろう」

No image

2022年F1第13戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

ホーナー代表は、レッドブルとポルシェが提携するうえでの重要な条件として、自身のチームの哲学を維持することを挙げた。

「ポルシェは巨大な企業であり、偉大な伝統と素晴らしいブランドを有している。当然のことながら非常に魅力がある。だが、いかなるパートナーシップであっても、レッドブルの哲学、DNA、文化、そしてどのようにレースに臨むか、何を達成してきたかといったものにフィットするものでなければならない。そこを変えないことが、いかなる話し合いにおいても基本となる」

「我々は理由があって成功を収めている。当然のことながら、いかなる話し合いにおいても、いかなる関与においても、それが条件になるだろう」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加