【指揮官一問一答】中日・与田監督、負傷降格のアルモンテは「早い回復を願うしか...」

【指揮官一問一答】中日・与田監督、負傷降格のアルモンテは「早い回復を願うしか...」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/16

(セ・リーグ、中日8-6広島、18回戦、中日8勝9敗1分け、16日、マツダ)中日は広島に8-6で勝利し、2016年5月10日以来の貯金4。連勝を今季最多、昨年9月3-8日以来となる「6」に伸ばした。与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

--遠藤が先制打とダメ押し打

「名古屋でも2打席凡退のあとで二塁打を打っていたり。そういった意味では彼の状態が上がってくると(いい)。レギュラー取りの気持ちを持って精いっぱい戦ってほしいと思う」

--二回は木下拓の3ラン

「素晴らしかった。打った瞬間に行ったというホームランだったので。アイツも打撃の状態が上がってきたので、リードもそうですけど、かなり力をつけて、たくましいと思う」

--高橋が追い込まれてからしぶとく打った

「きのうに引き続き、彼の勝負強さがこの連勝の原動力になっている。みんなそういう状態になってきているので本当に欲しいところで点が取れたと思います」

--ロドリゲスの投球は

「まだ制球面では不安定なところがありますが、普段の練習からいろんなフォームに取り組んでいるので、きょうは初めての球場だったし、難しさはあったと思うんですけど、何とか勝ち投手になれたのでよかったと思う」

--アルモンテの状態

「これは分からない。日々、状態を見ていきながらになると思う。早い回復を願う。それだけですけどね」

10日では厳しい?

「それもはっきりと言えないけれども、だいたい一回、抹消すると10日で戻れるケガというのはそうそうない。早い回復を願うしか」

No image

選手交代を告げる中日・与田監督=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加