巨人・戸根千明 300万減で契約更改「投げダルマくらいに投げまくれれば」

巨人・戸根千明 300万減で契約更改「投げダルマくらいに投げまくれれば」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/26
No image

契約更改を終えて、取材対応する戸根(球団提供)

巨人の戸根千明投手(30)が25日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万減の1800万円でサインした(金額は推定)。「投げダルマくらいに投げまくっていければなと」と、来季に懸ける思いを明かした。

8年目の今季は9試合の登板で0勝0敗、防御率5・02の成績を残した。「とてもふがいなかった」としながらも「登板数自体は少なかったですけど、自分のある程度思っていたピッチングもできていたので、あんまり悲観することはない」と前を向いた。

交渉の席では球団から「セットアッパーになれる力を秘めている。そろそろそれを出してもらわないと」と声をかけられたという左腕。来季は「セットアッパーをもう一度取りに行きたい気持ちもありますし、リリーフであれば50試合」と目標を掲げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加