元中学横綱17歳吉井は連勝ならず「脇がガラガラ」

元中学横綱17歳吉井は連勝ならず「脇がガラガラ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

靏林(右)に敗れる吉井(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇3日日◇15日◇東京・両国国技館

元中学横綱の17歳のホープ、西幕下44枚目の吉井(時津風)は、2番相撲で靏林(つるばやし、木瀬)に寄り切られ、今場所の初黒星を喫した。

「脇がガラガラで全然ダメでした。負けるにしてもこういう負け方はダメなんで。もっと前に出て引かれるぐらいの相撲をとらないといけない」と猛反省。出足が甘く、相手のペースで完敗した。

7月場所前に師匠の不適切指導で所属していた中川部屋が閉鎖となり、時津風部屋へ転籍となった。同じ部屋の関脇正代が初日から一気の出足で連勝と好調。「正代関みたいに立ち合いから一気の相撲をとりたい」と話し、「今日とった相撲は戻ってこない。また気持ちを切り替えていきたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加