NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「がばい旋風」彷彿、佐賀北がサヨナラ4強入り エース荒谷が適時打/佐賀

「がばい旋風」彷彿、佐賀北がサヨナラ4強入り エース荒谷が適時打/佐賀

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21

佐賀北対三養基 サヨナラ勝利で歓喜に沸く佐賀北ナイン(撮影・只松憲)

<高校野球佐賀大会:佐賀北1-0三養基>◇21日◇準々決勝◇佐賀県立

07年夏の甲子園で「がばい旋風」を巻き起こした佐賀北が、当時を彷彿(ほうふつ)させるサヨナラ劇で4強入りを決めた。

主役はエースの荒谷紘匡(ひろまさ)投手(3年)だ。0-0の9回無死一塁で救援登板。先頭に右前打を許したが、後続を3者連続三振で断ち切った。「絶対に抑えるという気持ちだけでした」。最終回の攻撃では、1死二塁から試合に終止符を打つサヨナラ適時二塁打。エースが投げて打って、最後はナインから祝福を受けた。「今までバッター陣に助けてもらっていたので、今度は自分がみんなを助けるんだと思ってました。うれしかったです!」。人生初のサヨナラ打を心から喜んだ。

14年前、夏の甲子園決勝で副島浩史氏(現唐津工監督)が逆転満塁弾を放つなど、ミラクルで全国制覇を果たした佐賀北。本村祥次監督(27)も「さすがエースとしか言いようがないです」と、「がばい」活躍をした荒谷を称賛した。【只松憲】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加