『バック・トゥ・ザ・フューチャー』らしさ満載のハイエンドフィギュア!貴重アイテムが揃う「レトロ・サピエンス」も開催中

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』らしさ満載のハイエンドフィギュア!貴重アイテムが揃う「レトロ・サピエンス」も開催中

  • MOVIE WALKER PRESS
  • 更新日:2021/10/14
No image

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのフィギュアをチェック! Back to the Future is a trademark and copyright of Universal Studios and U-Drive Joint Venture. Licensed by Universal Studios Licensing LLLP. All Rights Reserved.

話題の映画や映像作品から思わず欲しくなるフィギュアをご紹介。今回は、クオリティの高さで知られるホットトイズ社が、現在実施しているイベント「レトロ・サピエンス」の主役にもなっている「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのアイテムを集めてみた。人公のマーティが劇中でタイムスリップした10月26日に合わせて全国72の映画館で一斉に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』パート1を特別上映されることも発表され、話題となっている。

【写真を見る】マイケル・J・フォックスそっくり!『BTTF』のマーティのフィギュアがハイクオリティすぎる(「【ムービー・マスターピース】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1/6スケールフィギュア マーティ・マクフライ&アインシュタイン」)

『BTTF』らしいファッションや小道具が楽しいアイテムたち

まずは、「レトロ・サピエンス」限定として販売されている「【ムービー・マスターピース】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1/6スケールフィギュア マーティ・マクフライ&アインシュタイン」から。1作目に登場する主人公マーティを全高約28cm、30か所以上の可動とともに立体化しており、マイケル・J・フォックスの肖像権をクリアしている頭部は、皮膚の質感やしわ、髪型までハンドペイントが施されている。

オレンジのベスト、デニムジャケット、チェックのシャツ、デニムパンツ、スニーカーといった特徴的なファッションも、生地感や折り返した袖の内部の模様といった細部のあしらいまで徹底再現。ベストは着脱可能で、服装の幅を楽しめるのもうれしいポイントだ。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と言えば、80年代カルチャーを象徴する小道具が印象的な活躍をしており、このフィギュアでも、登校時に使用していたリュックサックやスケートボード、ヘッドホン付きポータブルカセットプレーヤー、記念すべき初タイムトラベルを撮影したビデオカメラ、歴史保存協会が発行した「時計台を守る運動」のチラシ、腕時計といった多数のアクセサリーが付属する。

そして忘れてはいけないのが、全高約8cmで造形された犬のアインシュタイン。つぶらな瞳、若干開いた口元、モコモコな毛皮の質感など細部に至るまで忠実な出来栄えだ。

マーティときたらお次は、1作目、1985年のドクを立体化した『【ムービー・マスターピース】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1/6スケールフィギュア エメット・ブラウン博士』もチェック。全高約30cm、30か所以上が可動するハイエンドなアイテムで、頭部はクリストファー・ロイドの肖像権をクリア。眉間のしわ、後ろに撫で付けられた白髪、驚きの表情の目のなど、ハンドペイントによってしっかりと特徴が反映されている。

ボディは、白の放射線防護服、中に着たグリーンのアロハシャツ、ポーチと工具袋がついたベルト、

スニーカーとファッションを完コピ。ディテールや素材にこだわった精巧な仕上がりとなっている。付属品もポーチに収納できるポータブルプリンター、工具袋に収納可能なドライバーやレンチなどの工具、腕時計と豪華。アインシュタインの首にかけられるストップウォッチが付属するので、前述のアイテムとあわせて手に入れたいところだ。

また、トイサピエンス限定のボーナスアクセサリー付きバージョンでは、プルトニウムを収納したハードケースが付属。ケースは開閉可能で、プルトニウムの容器1本を取り出すことができるという、細かなところまで気の利いたものとなっている。

『BTTF3』からはウエスタンなマーティとドクも登場!

西部開拓時代を舞台とした『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』(90)のアイテムもラインナップされている。「【ムービー・マスターピース】 『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』1/6スケールフィギュア マーティ・マクフライ」も肖像権をクリアしており、生き写しのようなリアルさが圧巻だ。

帽子、ダークブラウンのポンチョ、首に巻いたスカーフ、ライトブルーのストライプシャツ、銃弾とピストルのホルスターがついたベルトといった西部劇ファッションは、ポンチョとスカーフが着脱でき、ブラウンのブレザーに着せ替えられる遊び心もうれしいところ。

なお、付属品はピストル、首に掛けられる防弾用の鉄板、パイの皿、ドクと写る大時計の写真が入った額縁、マーティが1885年へ向かうきっかけとなった墓石の写真、ホバーボード、通信機と劇中で印象的なアイテムがズラリ。全身の可動とあわせて、名場面の数々を再現したい。

同作のドクのフィギュア「【ムービー・マスターピース】 『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』1/6スケールフィギュア エメット・ブラウン博士」も肖像権をクリアしたもので、帽子を被った頭部パーツは、精悍な顔つきが印象的だ。

衣装は、カーキのロングコート、スカーフ、ブラウンのベストやパンツ、ホルスター付きベルトに加えてチェック柄のブレザーも付いており、ロングコートとスカーフとの着せ替えが可能。素材やステッチなどの細かな部分までこだわり抜かれていることが一目で分かるクオリティだ。

さらに武器として自作のスコープを装着したライフルとピストルが、アクセサリーにミニチュア・タイムマシン、通信機、懐中時計が付属。差し替え用ハンドパーツも充実しているので、付属品を手に取らせることもお手のものだ。

フィギュアはもちろん、映画の衣装やアイテムも展示!

冒頭で紹介した「【ムービー・マスターピース】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1/6スケールフィギュア マーティ・マクフライ&アインシュタイン」以外にも、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの様々なフィギュアを販売、展示している「レトロ・サピエンス」は、10月31日(日)までトイサピエン東京にて開催中(2021年11月に大阪店、2022年2月に名古屋店での開催を予定)。

このイベントのなによりの目玉が、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの貴重なアイテムを日本で初めて一斉展示することだ。ホバーボートや衣装の数々は撮影も自由で、間近で見られる貴重なチャンスとなっている。

また限定フィギュア以外に、アパレルグッズなども販売されているので、ぜひ足を伸ばして、作品の世界を存分に味わってみてはいかがだろうか?

文/サンクレイオ翼

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加