14歳少女の最愛のペットは6匹の巨大ヘビ(インドネシア ※ヘビ出演中)

14歳少女の最愛のペットは6匹の巨大ヘビ(インドネシア ※ヘビ出演中)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/08/02

一口にヘビといっても様々な種が存在する。小さなものから大きなもの、無毒のものから強毒のもの。プチっとしたつぶらな瞳や、何とも言えない滑らかな触感、チロチロの舌なんかは共通したチャームポイントだろう。

とは言え好きな人より、苦手な人の方が多いのも事実である。特に有毒種や巨大種は苦手じゃなくても一瞬ひるんでしまうことも。

だが、インドネシアに住む14歳の少女チャウラさんは、なんなら大人も飲み込めそうな堂々たるボディのニシキヘビ6匹が愛するペットだというのだから驚きだ。

彼女が愛するヘビたちは大きいけれどみんなとっても穏やか。終始チャウラさんにされるがままで、おとなしくなでられたり抱っこされたり体を洗ってもらってたりしている。

これはありじゃない?と思えてしまうヘビと少女の平和な日常を見てみよう。

【他の記事を見る】猛毒ヘビに噛まれた科学者が、死の直前まで体に起きた変化を克明に記録した「死の日記」

※動画音量注意

6匹の巨大ヘビと暮らす少女チャウラさん

インスタグラマーのチャウラ・イスマ・カマルさんは14歳。インドネシアの中部ジャワ州プルウォレジョ県で暮らしている。

チャウラさんが6匹ものニシキヘビを家に迎えた事情はいまだ不明だが、なんと彼女は4歳のときからペットのヘビをお世話しているという。

そのためこうした暮らしに違和感などみじんもなく、ヘビたちを恐れる気持ちも全くないそうだ。

一方、そんな彼女の動画にショックを受ける人も多く、あまりに巨大なヘビたちゆえに痛ましいアクシデントを危惧する声が定期的に寄せられる。

そのたびにチャウラさんは、彼女のニシキヘビは無毒であり十分に慣れていることを伝え、多くのヘビが否定的な考えの犠牲になっていると説明。心配する人にも理解してもらえるよう最善を尽くしている。

普通のペットと同じ!?日常にヘビがいる風景

なおこの生活になじんでるのは彼女だけではない。ヘビがいる日常を伝えるチャウラさんの動画にはヘビと共ににくつろぎまくりの弟も登場している。

ヘビの頭をお腹に乗せたままゲームをたしなむ弟さん。うん、確かにここでは日常にヘビがいるのが当たり前っぽい。

きょうだいで遊んでる時もかたわらにはヘビ。体の一部が飼い主に乗ってるとことかペットあるあるだし。

でもってこっちはヘビの入浴?シーン。楽しそうなチャウラさんと慣れた様子でじっとしているヘビ。まったく抵抗しないあたりこれもいつものことらしい。

にしてもヘビってこんなにおだやかなの?ってくらいおとなしいもんじゃのう。

今後も自慢のヘビたちといろんなシーンを披露してくれそうなチャウラさん。ヘビ好きもそうでない人も目が離せない彼女の投稿が気になる人は@chalwa17をチェックだ。

References:instagramなど /written by D/ edited by parumo

・あわせて読みたい→そんなもの被せたくらいでっヘビが・・・か、かわいいじゃないか!蛇に帽子をかぶせたら思いのほかかわいくなる事案

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加