「興味本位で火をつけた...」連続“放火” 男子高校生(16)が書類送検 ゴミ捨て場や木が相次いで燃える

「興味本位で火をつけた...」連続“放火” 男子高校生(16)が書類送検 ゴミ捨て場や木が相次いで燃える

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

札幌市手稲区で5月、ゴミステーションや植え込みが相次いで燃やされた事件で、16歳の男子高校生が書類送検されました。

器物損壊の疑いで書類送検されたのは、札幌市手稲区に住む16歳の男子高校生です。

男子高校生は5月16日午前0時ごろ、札幌手稲区前田7条15丁目のごみステーション2カ所にライターで火をつけたほか、同日午後7時30分ごろにも近くの前田パンプキン公園の敷地内にある木などにライターで火をつけ焼損させた疑いが持たれています。

警察によりますと、男子高校生は「興味本位で火をつけた」と話し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加