小松みゆきが49歳で妊娠を発表 不妊治療の末...現在妊娠5カ月半も「全く安心できない」

小松みゆきが49歳で妊娠を発表 不妊治療の末...現在妊娠5カ月半も「全く安心できない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

小松みゆきのインスタグラム@miyuki.komatsu.no.5より

女優の小松みゆき(49)が14日、インスタグラムを更新し、不妊治療の末、妊娠したことを報告した。

現在5カ月半で「いわゆる安定期に入りました」としたが「超高齢妊娠に加えて初期から今もずっと続く重いつわり症状に苦しめられています」というつらい状態も報告。また、へその緒が胎盤についていないという「臍帯付着部異常」であることも明かして「全く安心できない妊娠です」ともつづっている。

また「私ども夫婦は長年不妊治療を続けてきました。この度の妊娠は自然妊娠ではなく不妊治療によるものであることを念のため記しておきます」ともつづっている。

小松は15日にもインスタグラムを更新し、祝福と心配の声に「驚愕とともに感動しております」と感謝。

公表理由についても、7月に映画の撮影があったことから、当時3カ月で不安定な時期だったため身近なスタッフにのみ伝えサポートしてもらっていたが「つわりがきついので薄々周りの方も気づいていきますし、内緒でとお願いした方々にもストレスを与えてしまったように感じました」「万一、他からもれるくらいなら早く自分からお知らせした方がいいのではないかと思いました」とつづっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加