江川卓氏 米挑戦・藤浪の課題は右打者の内角球「環境が変わることで解消されれば」と期待

江川卓氏 米挑戦・藤浪の課題は右打者の内角球「環境が変わることで解消されれば」と期待

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/01/28
No image

江川卓氏(左)と藤浪晋太郎

巨人のエースとして活躍した江川卓氏が25日、自身のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」に新規投稿。アスレチックスへの移籍が決まった前阪神・藤浪晋太郎投手について活躍のポイントを語った。

まず以前から課題と語っていた右打者への内角球について「メジャーのバッターは日本のバッターよりもベースから離れているけど、それで内角に投げられるかと言えば別問題。あくまでも環境が変わることで、課題が解消されればいいなと思う」と指摘。さらに「よけるのはバッターの技術」と前置きした上で「ピッチャーって抜けるボールは絶対にある。そこを本人が気にせず投げられるかどうか。だから環境が変わることでね。すごく人がいいから。そこまで話をしたことはないけど、見ていると性格がマジメでいい人。でも滑りやすいボールにベタベタのロジンをつけて投げたら解消されるかもしれない。そういう環境面の変化がいい方向に行けばいいと思います」と語った。

開幕カードで大谷が所属するエンゼルスと激突することについては「投げ合うというよりも、投手・藤浪さん、打者・大谷さんの方が注目なんじゃないですか。藤浪さんが投げて、大谷さんが打つ。それがメインテーマになるんじゃないですか。そっちの方に注目が集まると思います」と予測した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加