四天王寺・横井咲桜/大藤沙月ペア、圧巻の2連覇達成<卓球・インターハイ>

四天王寺・横井咲桜/大藤沙月ペア、圧巻の2連覇達成<卓球・インターハイ>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2022/08/09
No image

<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日~8月8日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

6日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会8日目を迎え、女子ダブルス決勝が行われた。

決勝では、昨年度王者で大阪府代表の大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)ペアと、昨年ベスト8で愛知県代表の小林りんご/野村光(桜丘)ペアが対戦。試合は序盤から激しいラリー戦となり、打ち合いを制した大藤/野村ペアが第1ゲームを制する。

No image

写真:小林りんごと野村光(桜丘)/撮影:ラリーズ編集部

続く第2ゲームは、小林/野村ペアが反撃。小林のカットからの野村のミート打ちの展開がハマり、そのまま11-7で小林/野村ペアが第2ゲームをものにする。

しかし、第3ゲームからは、大藤/横井ペアが躍動。鋭い3球目攻撃やカウンターで小林/野村ペアを圧倒し、どんどんポイントを重ねて第3ゲームを奪取。挽回したい小林/野村ペアだったが、大藤/横井ペアがラリーで圧倒し、第4ゲームも大藤/横井ペアが11-5で勝利。

ゲームカウント3-1で大藤/横井ペアが勝利し、昨年に続いてインターハイ女子ダブルス2連覇を達成した。

女子ダブルス決勝結果

No image

写真:大藤沙月と横井咲桜(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

〇大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)3-1 小林りんご/野村光(桜丘)
11-6/7-11/11-5/11-5

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加