「死ぬ時ぐらい注目を...」 大阪放火 口座は0円

「死ぬ時ぐらい注目を...」 大阪放火 口座は0円

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/01/14
No image

大阪市で2021年12月、クリニックが放火され、25人が死亡、女性1人が意識不明の重体となった事件で、警察は、谷本盛雄容疑者(61)を容疑者と特定したが死亡した。

その後の取材で、谷本容疑者のスマートフォンの検索履歴から、「死ぬときくらい注目されたい」、「日本史上最悪の凶悪事件はどんな事件がありますか」などと検索していたことがわかった。

また、スマートフォンの電話帳は0件で、交友関係も確認されておらず、銀行口座の残高も0円だったという。

警察は、谷本容疑者が自暴自棄になり、ほかの人を巻き込み自殺する「拡大自殺」を図った疑いもあるとみて調べている。

関西テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加