大学入学共通テスト2022英語リスニングの分析速報 難易度は

大学入学共通テスト2022英語リスニングの分析速報 難易度は

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2022/01/16
No image

大学入学共通テスト2022英語(リスニング)の分析速報

大学入学共通テスト1日目は2022年1月15日、全国一斉に行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。英語(リスニング)の分析は以下の通り。

英語(リスニング)の分析

出題形式に大きな変更はなく、設問総数(計三十七問)も同じであった。読み上げ文、並びに印刷された質問・選択肢の総語数は昨年の第1日程とほぼ同じであった。アメリカ人を中心に多様な話者が起用されていたが、音声は全体的に聴き取りやすかった。第1問から第3問の形式および難易度は昨年とほぼ同様。第4問Aでは、昨年のグラフの問題ではなく、四つのイラストを時系列に並べる問題が出題され、数の聴き取りが姿を消した。第6問Bでは、昨年と違い、四人の発話者の立場が明確であり、また声も聴き分けやすかった。全体として、音声を聴き取り内容を理解する力に加え、選択肢や図表を素早く読み取る力など複数の技能が求められた。

河合塾が予想平均点を発表

河合塾は16日、同日時点の予想平均点を発表した。5教科7科目の文系型、理系型のほか、科目別も発表している。⇒【2022】予想平均点を見る

各教科科目の分析

■2日目

⇒【数学1】数学Ⅰ・数学A

⇒【数学2】数学Ⅱ・数学B

⇒【理科1】物理基礎

⇒【理科1】化学基礎

⇒【理科1】生物基礎

⇒【理科1】地学基礎

⇒【理科2】物理

⇒【理科2】化学

⇒【理科2】生物

⇒【理科2】地学

■1日目

⇒【英語】リーディング

⇒【英語】リスニング

⇒【国語】

⇒【地理歴史】世界史B

⇒【地理歴史】日本史B

⇒【地理歴史】地理B

⇒【公民】現代社会

⇒【公民】倫理

⇒【公民】政治経済

⇒【公民】倫理,政治経済

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加