岡田結実、人生初タバコは「めっちゃおいしかった」

岡田結実、人生初タバコは「めっちゃおいしかった」

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/06
No image

女優の岡田結実(22)、齊藤英里(22)らが6日、都内で行われた映画「ウラギリ」の舞台挨拶に登壇した。

二人がダブル主演を務める本作は、中前勇児監督が演出・脚本を務めたヒューマンサスペンス。アパレル会社に勤める加奈子(岡田)は、同僚で仲の良い紗理奈(齊藤)にお金を貸すも、紗理奈は突然会社を辞めて連絡もつかなくなってしまう。

二人は本作でタバコに初挑戦。岡田は当初、「(撮影の)前からずっとめっちゃ緊張しちゃって、正直クランクインの前日に初めて吸ったんです。吸う事が怖くて」とかなり警戒していたという。しかし、実際に撮影でタバコを吸ってみると、「めっちゃおいしかったです。(撮影場所の)景色が良かったので、『タバコおいし〜い!』と思いながら」と振り返り、齊藤も「“吸ってる自分のカッコ良さ”みたいなのがちょっとありました」と笑顔で語った。

お金の貸し借りについて問われると、岡田は「私はバチバチにケチなので、貸せないと思います。どんなに友達であろうとも、話せない(借りる)理由もあるって分かりつつも、貸すっていうのはやっぱり難しいなって台本を読んでいて思っていた」と堅実な回答。一方、齊藤は「私はプライベートでは気持ちが弱い所があるので、貸してくれって言われたら、額によりますけど、ちょっと貸しちゃいそう」と発言し、共演者を驚かせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加