大谷亮平、終末世界のリーダー的存在演じる 『君と世界が終わる日に』追加キャスト決定

大谷亮平、終末世界のリーダー的存在演じる 『君と世界が終わる日に』追加キャスト決定

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/26
No image

1月期日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』に出演する大谷亮平 (C)日本テレビ

俳優の大谷亮平が来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。竹内涼真演じる主人公の間宮響らとともに死と隣合わせの終末世界を生き抜こうとするサバイバー役として大谷、笹野高史、マキタスポーツ、安藤玉恵、横溝菜帆、鈴之助が参加する。大谷は、非常事態のなか、生き残りたちをまとめるリーダー的存在・本郷大樹役に起用された。

【写真】人生初ブリーチの大胆イメチェンでドラマ主演を務める竹内涼真

今作は日テレ×Hulu の共同製作ドラマとして、Season1が日テレにて全10話完結、その後、Huluオリジナルとして“Season2”が全6話で配信される。自動車整備工として働く間宮響は高校時代からの恋人・小笠原来美(中条あやみ)と同せい中。プロポーズをしようとしたその日、響はトンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまう。4日後、響が命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変していた。

誰もいない街。大破した交通網。届かない電波。街中に残された血痕。“世界の終わり”のような極限状態にひとり取り残された響は、必死に来美を探すが…。サバイバル×ラブストーリー×ミステリーという3つの軸が絡み合う、“極限の人間ドラマ”が描かれる。このほかキャストとして笠松将、飯豊まりえの出演も決定している。

警察官である本郷のほか、作家の宇和島雅臣(笹野)、引っ越し業者・甲本洋平(マキタ)、介護士であり母親・三原紹子(安藤)、その娘で小学生の結月(横溝)、バイク便ライダー・吾妻伸二(鈴之助)と役どころはさまざま。

大谷は「正義感が強く、仲間をまとめるリーダー的存在という事で、実際の自分とは随分かけ離れた役柄ではあるなと…」と恐縮しながらも「大変な役どころではありますが、仲間を引っ張って行く姿に憧憬の念を抱きながら、頼りがいのある男に見えるよう、励んでいこうと思います」と撮影に向けての意気込みを語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加