第4世代iPad Air発表。A14 BionicチップやUSB-C搭載、Touch IDは上部ボタンに引っ越し

第4世代iPad Air発表。A14 BionicチップやUSB-C搭載、Touch IDは上部ボタンに引っ越し

  • Engadget
  • 更新日:2020/09/16
No image

Apple

9月16日午前2時から録画で配信された新製品発表イベントで、アップルが第4世代iPad Airを発表しました。デザインはiPad Pro譲りの角張った筐体となりディスプレイが全画面化。しかしTouch IDは上部にある電源ボタンに引っ越して存続します。この新Touch IDはカスタムセンサーによって指紋をより詳細に読み取り、安全性も高めています。

10.9インチLiquid Retinaディスプレイは2388 x 1668解像度。A14 Bionicチップは高速x2、低速x4の6つのコアを搭載し、前世代iPad Airより40%高速化。低消費電力で高いパフォーマンスを引き出します。内蔵の内蔵の新しい16コアNeural Engineは毎秒11兆回の操作をこなし機械学習を強力にサポート。さらに新しい4コアGPUは性能を30%向上しており、4Kビデオの編集なども楽にこなします。

インターフェースにはUSB-Cを採用し、20W充電をサポート。最大4Kの外部ディスプレイにも対応します。フロントカメラは7MP、バックは12MP。強力な手ぶれ補正で4K動画も非常に美しく撮影可能とのこと。

iPad Air側面にマグネットでくっつけられるApple Pencil(第2世代)をサポート。Magic KeyboardのサポートもiPad Proと同様になりました。

第4世代iPad Airは新しいiPad Airは、シルバー、スペースグレー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色をラインナップ。10月発売で、価格は599ドル(約6万3000円)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加