早大が計10トライで開幕3連勝 小西、吉村の2年生ハーフ団がけん引 関東大学ラグビー対抗戦

早大が計10トライで開幕3連勝 小西、吉村の2年生ハーフ団がけん引 関東大学ラグビー対抗戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇ラグビー関東大学対抗戦Aグループ 早大70―5日体大(2020年10月18日 熊谷ラグビー場)

No image

<早大・日体大>前半、先制トライを決める早大・槙(撮影・吉田 剛)

昨年度大学日本一の早大が計10トライを奪って快勝し、開幕3連勝で勝ち点15とした。日体大は3戦3敗で勝ち点0。

コロナ禍のため、異例の開幕から3週連続試合の最終戦に快勝。試合内容も尻上がりに充実度を増しており、早大の相良南海夫監督は「過去2戦よりは、自分たちがテーマに掲げたことを、ある程度表現できた。及第点かなと思う」と大きくうなずいた。

この日は2年生ハーフ団が自在にゲームをコントロールした。SH小西泰聖は的確な判断と鋭い球出しで攻撃のリズムをつくり、時に自ら仕掛けて好機を演出。前半13、22分にはいずれも抜け出した味方をしっかりフォローし2トライを奪った。SO吉村紘もバリエーション豊かなキックを使い、早大の攻撃を引っ張った。

昨年度まではSH斎藤直人(現サントリー)、SO岸岡智樹(現クボタ)の不動のハーフ団が君臨。11季ぶりの大学日本一を達成した一方で、今年は世代交代が早大にとって大きなテーマとなっている。そんな中で3試合連続で小西、吉村が先発出場し、連係も1戦ごとに向上。相良監督も「本来は春や夏に経験を積ませるが、今年はぶっつけで3試合。仕上がりはまだまだだが、彼らなりに課題を感じ、一つ一つクリアしてくれている」と評価した。

次戦は中2週で迎える11月1日の帝京大戦(秩父宮)。早くも優勝のゆくえを左右する重要な一戦に向け、相良監督は「コンディションも大切だが、強度も保つ。先の4試合に向けて、しっかり(強度を)上げた練習をしたい」ときっぱり。会見で隣に座ったNo・8丸尾崇真(4年)に視線を向け、「覚悟してもらいたい」と話してにやりと笑った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加