岸田首相、ダボス会議に出席する方向で調整 来年1月には訪米も打診

岸田首相、ダボス会議に出席する方向で調整 来年1月には訪米も打診

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/11/25
No image

"自身の選挙運動費用収支報告書に添付された領収書への指摘について説明する岸田文雄首相=2022年11月24日午前8時30分、首相官邸、瀬戸口翼撮影"

岸田文雄首相が来年1月にスイスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席する方向で調整に入った。政府関係者が明らかにした。出席すれば、2019年の安倍晋三首相(当時)以来。スイス訪問にあわせ、欧州の周辺国を訪れ、首脳会談を行うことも検討している。

「瀬戸際大臣」山際大志郎氏 追認、追認そして辞任 強気だったわけ

ダボス会議は毎年1月にスイスの保養地・ダボスで年次総会が開かれ、世界各地から政財界のリーダーが出席することで知られる。来年は1月16~20日の日程で開かれる予定。世界経済フォーラムのブレンデ総裁は今月24日に林芳正外相と会談した際、来年の主要7カ国(G7)議長国である日本のリーダーシップに期待感を示していた。

また、政府関係者によると、日本政府は首相が1月上旬に米ワシントンを訪問し、バイデン大統領との会談を米側に打診しているという。実現すれば、安全保障関連3文書の改定を受けた安保協力などがテーマになるとみられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加