人気漫画『沈黙の艦隊』が大沢たかお主演で映画化!PrimeVideoが日本の劇場版映画を初製作

人気漫画『沈黙の艦隊』が大沢たかお主演で映画化!PrimeVideoが日本の劇場版映画を初製作

  • RBB TODAY
  • 更新日:2023/01/28
No image

(C)かわぐちかいじ/講談社 ©2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.

もっと画像を見る

PrimeVideoは、人気漫画『沈黙の艦隊』の実写版映画を製作し、9月29日から全国の劇場で公開すると発表した。PrimeVideoが日本の劇場版映画を製作するのは初めて。

3児の母・平愛梨、キュートなミニスカ制服ショットをインスタで披露!

『沈黙の艦隊』は、漫画家・かわぐちかいじによって、1988年から1996年まで『モーニング』(講談社)にて連載され、累計発行部数は3,200万部(紙・電子)を誇っている。物語は、日本初の原子力潜水艦が、日米共同で極秘裏に建造されたことからスタートする。日本人でありながら米艦隊所属となった超高性能原潜の艦長・海江田四郎は、この原潜と乗員76人を伴い航海中に逃亡。理想とする世界の実現へ向けて海江田が描いた大胆不敵なシナリオと、海中での天才的な戦闘術に、日米は翻弄され、重大な決断と選択を迫られる。

主人公、艦長・海江田四郎役を演じるのは、大沢たかお。大沢は同作のファンであることから、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築を始め、自ら同作のプロデュースも務めている。監督は吉野耕平。制作はクレデウス。また、同作は日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の映画撮影協力を得て、実際の潜水艦を使用しており、リアルな艦体と、現代のVFX技術との融合により、迫力の海中シーンを生み出している。

今回、ティザー映像も初解禁。「地球の70%は海だ。これほど広大な海を前にして、どうして人は争うのだろうか」という台詞の後に、艦内の様子を鋭い目で見つめる主人公・海江田四郎(大沢)が映し出され、緊張感が伝わる映像となっている。ティザー映像内では潜水艦もとらえられており、リアルな世界観と、迫力ある映像美から期待が高まる。

今作について大沢は「30年という時空を超えて、実写化不可能と語られ続けた伝説のコミック『沈黙の艦隊』を、今年ついに実写化させていただくことになりました。かわぐちかいじ先生、そして全ての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。日本初の原子力潜水艦を奪い逃亡、そして核という脅威を武器に世界と対峙する主人公『海江田四郎』を演じさせていただきます。世界中が大きな変化の波に突入した、この令和という時代。今を生きる全ての人に観ていただきたく、最高のスタッフ、キャストが集結し只今撮影真っ最中です。9月29日の出港まで今しばらくお待ちください!!」とコメントしている。

平愛梨、長男・バンビーノ君への想い明かす「3兄弟の中でも1番強く成長してくれた」

澄田綾乃、1st写真集の大胆な上半身ヌードカット公開に

小田井涼平、純烈卒業の理由は「他メンバーの脱退」

KT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加