ダルビッシュら獲得パドレスが2位 戦力ランキング

ダルビッシュら獲得パドレスが2位 戦力ランキング

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

ダルビッシュ有(2019年2月28日撮影)

MLB公式サイトは22日、現時点での戦力ランキングを発表し、1位に昨季ワールドシリーズを制したドジャース、2位に大型補強でダルビッシュ有投手(34)らを獲得したパドレスが選ばれた。ナ・リーグ西地区の2チームがトップ2となり、今季激しい優勝争いをすることが予想されている。

1位のドジャースの選出理由に「ただでさえ最高の戦力を誇るチームに、昨季のサイ・ヤング賞右腕バウアーが加わった」と、昨季防御率1・73を記録したトレバー・バウアー投手(30)の加入に言及。また、60試合に短縮された昨季の43勝は、162試合に換算すると116勝となり、01年マリナーズ、1906年カブスと並び史上最多になることも紹介した。

2位のパドレスは、ダルビッシュ、元サイ・ヤング賞左腕スネルの獲得もさることながら、昨季故障でプレーオフに出場できなかった右腕ディネルソン・ラメット(28)のパフォーマンスに注目。昨季12試合で3勝1敗、防御率2・09を記録しており「ラメットがシーズンを通して投げることができれば、ドジャースに匹敵するローテ」とした。

3位以下はヤンキース、ブレーブス、メッツと、ナ・リーグが上位5チーム中4チームを占めた。

全順位は以下の通り。

1・ドジャース

2・パドレス(ダルビッシュ)

3・ヤンキース

4・ブレーブス

5・メッツ

6・ホワイトソックス

7・ツインズ(前田)

8・ブルージェイズ

9・レイズ(筒香)

10・アストロズ

11・カージナルス

12・アスレチックス

13・ブルワーズ

14・ナショナルズ

15・インディアンス

16・カブス

17・エンゼルス(大谷)

18・フィリーズ

19・レッドソックス(沢村)

20・レッズ(秋山)

21・マーリンズ

22・ジャイアンツ

23・ロイヤルズ

24・マリナーズ(菊池)

25・ダイヤモンドバックス

26・タイガース

27・レンジャーズ(有原)

28・オリオールズ

29・ロッキーズ

30・パイレーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加