新潟県のアンテナショップ2024年4月末までに銀座にオープンへ

新潟県のアンテナショップ2024年4月末までに銀座にオープンへ

  • BSN NEWS
  • 更新日:2023/01/25
No image

新潟県は東京の表参道にある県のアンテナショップが2023年12月に閉店することを受け、新たに東京の銀座に拠点を移してオープンすることを25日発表しました。

【写真を見る】新潟県のアンテナショップ2024年4月末までに銀座にオープンへ

新潟県産品の販売や新潟の情報発信をおこなってきた「表参道・新潟館ネスパス」は1997年に開業して営業を続けてきましたが、建物の老朽化などに伴い2023年12月で営業を終了することが決まっています。
新潟県ではこれまで有識者らの意見を踏まえ東京都内で新たな店舗を捜してきましたが、25日、東京都銀座の「銀座鈴らん通り」に拠点を構えることを決めたと発表しました。
今後、県は「選ばれる新潟」の実現に向けて首都圏の交流の場の創出と情報発信の拠点にしていきたいとしています。
なお、2024年2月から工事を始め、同年4月末までのオープンを目指します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加