なでしこ主将中島依美 大勝も課題を口に「工夫が足りない」「修正したい」

なでしこ主将中島依美 大勝も課題を口に「工夫が足りない」「修正したい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

日本対パラグアイ 後半、パスを出す中島(撮影・横山健太)

<国際親善試合:日本7-0パラグアイ>◇8日◇ユアスタ

世界ランク10位なでしこジャパンが、同47位パラグアイに7-0で快勝した。

ボランチでプレーした中島依美主将(INAC神戸)は試合後、課題を口にした。「攻撃の時間は長かったが、工夫が足りなかった」。一方的に攻め続ける試合展開で7得点しても、まずは反省が口を突いた。

2-0の前半36分にはFKのキッカーを務め、右サイドからゴール前にクロスを供給。これがオウンゴールを誘発する形となったが、これも「もう少し前に蹴りたかった。個人としてはまだまだ、もっと練習していいボールを蹴れるように」と、満足はなかった。

次は中2日でパナマ戦(国立)が控える。中島は「期間は短いが、修正したい」と、言葉に力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加