【ロッテ】唐川侑己が3試合連続本塁打浴びる 防御率は0・77から3戦で5・28に

【ロッテ】唐川侑己が3試合連続本塁打浴びる 防御率は0・77から3戦で5・28に

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/26
No image

オリックス対ロッテ 7回、ロッテ2番手で登板の唐川(撮影・上山淳一)

<オリックス-ロッテ>◇22日◇京セラドーム大阪

ロッテ唐川侑己投手(33)が登板した3試合連続で本塁打を浴びた。

この日は9点をリードした7回に、先発美馬の2番手として登板。しかし8番紅林にボール先行から左中間フェンス直撃の二塁打を浴びると、9番ルーキー野口にフルカウントからカットボールを右翼ポール際のプロ初本塁打とされた。

その後2死は奪ったものの、3番太田に安打されたところで交代。3番手坂本が吉田正に適時二塁打を浴び、唐川は2/3回を3失点となった。大勝ムードが一転、6点差にもかかわらず空気が引き締まってきた。

唐川は11日の楽天戦(楽天生命パーク)で2点リードでの8回に登板し、小深田に逆転3ランを浴びた。さらに17日の日本ハム戦(札幌ドーム)でも2点リードの8回にアルカンタラに同点2ランを浴び、この日の1発。チームにとっていずれも痛恨の1敗となっていた。

9月9日まで0・77だった唐川の防御率は、わずか3試合、打者17人を経て、5・28にまで跳ね上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加