アニメ『鬼滅の刃』禰豆子が海外で大炎上!「とても不気味」「おぞましい」

アニメ『鬼滅の刃』禰豆子が海外で大炎上!「とても不気味」「おぞましい」

  • まいじつ
  • 更新日:2022/01/15
No image

(C)Kues / Shutterstock

1月9日に放送された『鬼滅の刃 遊郭編』(フジテレビ系)第6話で、大人の姿になったヒロイン・竈門禰豆子が登場。このシーンが、海外で物議を醸しているようだ。

【関連】『東京リベンジャーズ』の政府PR広告にツッコミ殺到「反社使ってて笑う」ほか

第6話『重なる記憶』は、真の力を取り戻した上弦の陸・堕姫と主人公・竈門炭治郎の戦いから始まる。本気の堕姫に苦戦する炭治郎だったが、ヒノカミ神楽を使って応戦。しかしあと少しのところで力尽きてしまい、堕姫は炭治郎にとどめを刺そうとした。

するとそこへ禰豆子が現れ、堕姫に強烈な一撃をお見舞い。だが堕姫の力は凄まじく、禰豆子も腕などが切り落とされるほど痛めつけられてしまう。しかし禰豆子は体を再生させて復活。さらに体が大人になり、圧倒的な力で堕姫をねじ伏せるのだった。

【テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編】
第六話のあらすじ・スタッフクレジット・場面写真を公開いたしました。
https://t.co/dpYNyVyb84




#鬼滅の刃 pic.twitter.com/OEEzpITGat
— 鬼滅の刃公式 (@kimetsu_off)
January 10, 2022
from Twitter

禰豆子に性的搾取という指摘が…

禰豆子が活躍した今回のエピソードに、日本のファンは大興奮。しかし海外勢の空気は重く、アニメへの批判で溢れ返っているようだ。それは大人になったことで禰豆子の着物が小さくなってしまい、胸の谷間が露わになってしまったため。また禰豆子が14歳の少女という設定であるため、海外勢からは、

《なぜ彼女を性的にするのか…》《彼女はまだ14歳だよ? 小児性愛者であることを知ってください》《ゾッとしたのでネズコというワードをミュートした…》《とても不気味。禰豆子をセクシュアライズしている》《14歳のネズコをセクシュアライズする人は大丈夫ですか? おぞましい》《「架空のもの」という理由で、禰豆子や未成年者を性的に扱っても大丈夫だと思っている人たちと議論していけない。架空であっても、非常に違法であるため、それを言い訳として使用することは間抜け》

などの厳しい意見が続出している。中には、

《これは単なるアニメでしょ》《キャラクターとアニメを楽しもうよ…》《彼女は鬼になったので、人間ではない。あなたが気分を害するように、彼女はもはや人間ではない。アニメーション表現の一部》

といった擁護の声もあるが、極少数のようだ。

「海外で問題視されている今回の禰豆子のシーン。むしろ日本では《禰豆子めちゃくちゃカッコいい!》などの声で溢れ返っていました。恐らく日本のアニメファンは、アニメと現実を切り分けて考えているのでしょう。とはいえ、日本にもツイッターをメインに活動し、アニメコンテンツに難癖をつけるフェミニストがいます。幸い今回のシーンは日本では炎上していませんが、自称フェミニストに見つかってしまえば、問題になる可能性もあります」(芸能ライター)

日本のアニメや漫画の表現が、海外では規制対象になることはよくある。今回の『鬼滅の刃』も何らかの規制が加えられるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加